ここから本文です

エジプト遺跡でひつぎ30個発掘、3000年を経ても色彩豊か

10/20(日) 12:26配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【10月20日 AFP】エジプト考古省は19日、南部ルクソール(Luxor)の墳墓群「王家の谷(Valley of the Kings)」で古代エジプトの木製のひつぎ30個が発掘されたと発表した。これだけまとまった数のひつぎが発掘されるのはまれだ。古代エジプト第22王朝(紀元前10世紀頃)時代のものだが、保存状態は良好という。

 エジプト考古最高評議会(Egyptian Supreme Council of Antiquities)のムスタファ・ワジリ(Mostafa al-Waziri)事務局長は、ナイル川(Nile River)西岸の墓地遺跡(ネクロポリス)、アルアサシーフ(Al-Assasif)で見つかった30個のひつぎについて、深さわずか1メートルの地中に2層になって埋められていたと、記者会見で説明。男性、女性、子ども用のものがあり、高位の神官一族のものとみられるという。19世紀に行われた発掘で同地は王族の墓とされていたが、今回の発掘によって神官たちも埋葬されていたことが明らかになった。

 ひつぎは約3000年前のものにもかかわらず、黒、緑、赤、黄色などの顔料で描かれた装飾のヘビや鳥、ハスの花、象形文字がはっきりと見える。一方、封印された子ども用のひつぎ1個については、装飾が施されておらず、未完成の状態だった。(c)AFPBB News

最終更新:10/20(日) 15:42
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事