ここから本文です

ソフトバンク甲斐野 日本S初登板に「名手が助けてくれた」

10/20(日) 8:09配信

西日本スポーツ

 ◆SMBC日本シリーズ2019第1戦 ソフトバンク7-2巨人(19日・ヤフオクドーム)

【写真】投手を務める小学校時代の甲斐野

 開幕からチームに貢献してきたドラフト1位ルーキー甲斐野が初の日本シリーズ登板を1回無失点で飾った。8回に千賀の後を受けマウンドへ。先頭亀井の打球を左足首に当てた(結果は遊ゴロ)が「問題ない。うちの名手(今宮)が助けてくれた」とニヤリ。坂本勇には左前打を許したが、丸から三振を奪うなど後続を切って取った。「緊張はあったけど、巨人の上位打線に投げられていい経験になった。次からは多少楽に臨めると思う」とうなずいた。

西日本スポーツ

最終更新:10/20(日) 9:24
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事