ここから本文です

「道路族」が増加中!ご近所トラブルの原因にも…その危険性とは

10/20(日) 19:45配信

LIMO

「子どもになにかあったときすぐに駆けつけられるから」「公園まで行くのが面倒だから」といって、おうちの前の道路で子どもを遊ばせてはいませんか? その行為は、近隣の人々に大きな迷惑をかけているかもしれません。また、道路で子どもを遊ばせることは、子どもにとっても危険なことです。

そこで今回は、子どもを道路で遊ばせる道路族についてまとめました。

道路族とは

「道路族」とは、おうちのまわりの道路で遊ぶ子どもと、その親のことを指す言葉です。自分のおうちの庭で子どもを遊ばせているのならばとくに問題はありませんが、道路で子どもを遊ばせるということは大きな問題があります。

また、近隣の人々とのトラブルが発生しやすく、子どもにとっても危険な行為なのです。

道路族が引き起こすトラブルとは

 道路族が引き起こす迷惑エピソード

・道路で近所の子どもがボールで遊んでいたのですが、叫んでとてもうるさいうえに、ボールを車にぶつけられてさすがに我慢ができませんでした。そのことを親に伝えたところ「子どもがやったことなのにそんなに怒ることなのか」と、こちらが責められてしまい、意味がわかりません。

・よく道路で遊んでいる子どもがいるのですが、いつか事故が起こってしまうのではないかとひやひやします。子どもが道路で遊んでいても親は気にしないみたいで、運転するときは子どもが目の前に飛びだしてくるんじゃないかと本当にこわいです。

・子どもが道路で遊んでいても最初は我慢していたけれど、夜遅くまで騒ぎ続ける日が続きました。あまり大きな問題にはしたくないけれど、耐えられなくなったためそのことを伝えたところ、ひそひそとこちらを見てほかのお母さんと話していたり睨んできたりといやがらせをうけるようになり困っています。

 1.騒音被害

子どもたちが元気に遊ぶことはいいことですが、場所を考えなければいけません。朝から晩まで外で遊んでいる子どもの声に悩まされているご近所さんもいるのです。

毎日そういった騒音被害があると、近隣の人々はおうちにいるのにも関わらずゆっくり休むこともできず、精神的に参ってしまう可能性があります。

 2.ものを壊す・侵入してしまう

おうちの前の道路でボール遊びなどをすると、うっかり車にぶつかって傷がついてしまうことも考えられます。

また、飛んでいってしまったボールを取りにご近所さんのおうちの庭に勝手に入ったり、花壇の花を踏みつけてしまったりというトラブルも。

 3.いやがらせを受ける可能性

ご近所さんが騒音や庭などへの侵入に耐えられず、丁寧に注意をするといやがらせを受けるようになってしまうトラブルもあります。

道路で遊ぶことが危険であること、近隣の人々へ迷惑になっていることをわかってもらえるといいのですが、「子どもが嫌いだから責めてくるんだ!」「自分たちはなにも悪くない!」と、わかってもらえない場合も。

そして、こそこそ悪口をいわれるようになったりありもしない噂を流されたりと、いやがらせに発展してしまうことも考えられます。そのため、騒音などが迷惑でも逆上されるのがおそろしく、なにもいえずにせっかく手に入れたマイホームを手放してしまうという悲しいケースも。

1/2ページ

最終更新:10/20(日) 23:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事