ここから本文です

父親と同じ字を「男の子」の名前に使ってもよい?

10/20(日) 21:15配信

All About

◆名前を“まじない”に使うと危ない

「子どもの名に親と同じ字を使うと親を越えられない」といった話も巷によく流れていて、気にする人もいます。それ自体は具体的な根拠のない話ですので、聞き流しておいていいと思います。

ただし、父親の一字を男の子の名に入れたいという場合は、注意したほうがいいことがあります。その字が本当に気に入っていて使うのなら問題ありませんが、別の動機があると、ややリスクのある名づけといえます。

別の動機があるかどうかの判断は難しいのですが、一般的には、父親が「絶対に自分と同じ字を入れないと気がすまない」と強硬に言い張った場合などは、特に注意が必要です。

たとえば「私の父親が早くに亡くなったため、今度は親子の絆が強くなるように同じ字を使いたい」とか、「生まれる子は家業を継いでもらわなければならないので、親子で同じ字にしたい」などと言う方が実際にいらっしゃいます。

しかし、こういう名づけは非常に危険です。親子が離れることを恐れて、名づけを“まじない”に使っているのであり、裏目に出て親子が離れてしまうというケースも多いのです。

まして、これから生まれるお子さんの職業まで決めてしまうというのは本人のための名づけではなくなり、家制度のための名づけになってしまいます。

◆すべてが悪いケースとは限らない

父親と男の子で同じ字が使われていても、通し名といって、その家で代々その字を使う決まりがあるという場合は、危険な“まじない”とはいえないでしょう。ただ、その字が今どきの名前に使われない古風な字であったなら、古風な名前しか作れなくなるというハンディは当然あります。

また親子が離れるという結果になる場合、どちらかが早死にするような最悪のケースもありますが、それぞれがまったく別の世界で活躍するという良いケースもあります。ただ、いずれにしても「親子が離れないように」という願いが裏目に出ることが多いということだけは知っておいて損はないでしょう。

親子の絆や家業の存続などを願って“まじない”をする場合は、同じ漢字を使うというケースがほとんどですが、同じ音が入っても字が違っていればこれには当てはまらないでしょう。

牧野 くにお(赤ちゃんの命名・名づけガイド)

最終更新:10/20(日) 21:15
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事