ここから本文です

今後ますます希少種になる!? 2リッターエンジンを搭載するスポーツセダン5選

10/20(日) 6:30配信

くるまのニュース

日本の環境に合った2リッターのスポーティセダン

 日本では、1960年に「小型乗用車」の規格を改めて以来、その規格が現在も継続されています。現在の小型乗用車と普通乗用車の境界線は、エンジンの排気量が2リッター、もしくはボディの全幅が1700mmなどで分けられます。

ゲットするならいま!? 数を減らしつつある2リッタースポーツセダンを画像でチェック(16枚)

 また、現在の自動車税制度ではボディサイズではなく、エンジンの排気量で税額が変わるので、2リッターという排気量には重要な意味がありました。

 そのため、かつては2リッターエンジンの高性能車が多く存在しましたが、近年はダウンサイジングターボの台頭で、比較的大きなクルマでもより小さいエンジンにシフトするケースが多くなっています。

 それでも高性能な2リッターエンジンはまだまだ健在なので、なかでもハイパワーなスポーツセダン5車種をピックアップして紹介します。

●スバル「WRX STI」

 傑出したハイパフォーマンスを誰もが楽しめるクルマへと進化したスバル「WRX STI」は、2019年「ニュルブルクリンク24時間レース」でクラス2連覇を果たすなど、モータースポーツで培ったテクノロジーと革新の走りを支える安全性能を備えています。

 搭載する2リッター水平対向4気筒ターボエンジンは最高出力308馬力を誇り、1490kgのボディを俊敏に走らせ、そのパワーウェイトレシオは4.84kg/psと、2リッターではトップクラスです。

 低重心かつ左右対称の構造がクルマの運動性能へ大いに寄与する「SUBARU BOXER」水平対向エンジンは、左右のピストンが互いの動きで発生する力を打ち消し合う特性があるため、直列エンジンより滑らかで気持ちの良い回転上昇が味わえることで根強いファンが多いです。

 2400rpmで最大トルクの約90%を発揮するフラットな特性が、アクセル操作に対する繊細なレスポンスを実現し、小気味よい節度感のある6速MTを駆使すればハイパワーを思いのままにコントロールできます。

 WRX STIの価格は393万8000円(消費税込、以下同様)、19インチタイヤやRECAROシートを備えるWRX STI Type Sは413万6000円。

 モータースポーツに挑みながら、シャシ性能を磨き続けてきたスバル独自のシンメトリカルAWDが生み出す、4輪が路面へ張りつくように思える絶大なグリップ力は、スポーツドライブ好きにはうってつけの1台です。

 初代レガシィに搭載された後、スバルの主力エンジンとして活躍した名機「EJ20型」水平対向エンジンが、環境規制の対応が困難なため、今年度内に生産を終了する予定なのは寂しいですが、「WRX STI EJ20 Final Edition」のプロトタイプを第46回東京モーターショー 2019に出展することが報じられています。

1/3ページ

最終更新:10/20(日) 7:08
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ