ここから本文です

アトレティコの若きエース、全治最大3週間か…バレンシア戦で負傷

10/20(日) 9:45配信

超WORLDサッカー!

アトレティコ・マドリーが19日、ポルトガル代表FWジョアン・フェリックスの負傷を報告した。

フェリックスは同日にホームで行われたラ・リーガ第9節のバレンシア戦に先発したが、80分にスペイン代表MFダニエル・パレホとの接触で右足を痛めてしまい、ピッチを後にした。

クラブの発表によると、診断結果は右足首外側じん帯のねん挫。重度2の程度が明らかにされており、スペイン『マルカ』の見立てによれば、全治2~3週間の見込みだという。

上記の離脱期間どおりなら、22日にホームで行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループD第4節のレバークーゼン戦を含む公式戦4試合を欠場するとみられる。

超WORLDサッカー!

最終更新:10/20(日) 9:45
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事