ここから本文です

【日本S】連勝の鷹・工藤監督、7回零封の高橋礼を絶賛「今年の集大成と言っていい」

10/20(日) 22:32配信

Full-Count

8回には柳田ソロ&福田2ラン「終わってみればあの3点が大きかった」

■ソフトバンク 6-3 巨人(日本シリーズ・20日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは20日、日本シリーズ第2戦に6-3で勝利し、巨人に連勝。工藤公康監督は、先発の高橋礼の好投に賛辞を並べた。

【動画】日本シリーズ2連勝発進! ヤフオクドームの勝利の花火の舞台裏、上から見る花火…職人の仕事ぶりを紹介!

 5回表まで互いに走者を許さない“パーフェクト合戦”。5回裏にそれが崩れて以降は、ピンチを切り抜ける“粘投合戦”に変わった。高橋礼は7回をわずか1安打の無失点に抑える好投。工藤監督は「リズムも良かったし、コントロールも良かった。今年の集大成と言ってもいいくらいのピッチングを、この大舞台でやったのは素晴らしい」と最大級の賛辞を送った。

 7回での交代について「ノーヒットであればとは考えていましたが、少し球威も落ちたし、コントロールにも乱れがあったので代えました」とし、「(甲斐)拓也くんのリードも良かった。パーフェクトのピッチングでしたね」と改めて高橋礼を称えた。

 また7回裏には4番のデスパイネに思い切って代走・周東佑京を送って勝負に出た。「足の速いランナーが出るとどうしても気が取られる。ピッチャーにどんどんプレッシャーをかけて何とか点を取ろうと思いました」と工藤監督。その思いがグラシアルとのランエンドヒットに繋がり、松田宣浩の3ランで結実した。ムードメーカーでもある松田の一発には「さらなる勢いに繋がってくれるでしょう」と3戦目以降の活躍に期待を込めた。

 8回にも柳田悠岐と福田秀平の本塁打で3点を取って突き放したが「終わってみればあの3点が大きかった」とし、勝ちはしたものの歯切れの悪い幕切れに満面の笑顔は見られず。舞台を変えての第3戦目以降については「はい、頑張ります」とだけ応えた。

Full-Count編集部

最終更新:10/20(日) 22:32
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事