ここから本文です

クルトワ、イエロー2枚で退場のチームメイトを批判「2枚目は妥当だが…」

10/20(日) 10:35配信

ゲキサカ

 レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが、退場したチームメイトに厳しい言葉を浴びせた。スペイン『マルカ』が報じている。

 19日、レアルはリーガ・エスパニョーラ第9節でマジョルカと対戦。前半7分に先制点を許すと、MFエデン・アザールが第4子誕生を受けて急遽欠場した攻撃陣は不発に終わり、0-1で今季初黒星を喫した。

 クルトワが指摘しているのは、後半29分のシーンだ。前半19分にイエローカードを1枚貰っていたDFアルバロ・オドリオソラがボールを奪おうと、MFラゴ・ジュニオールへ後方からスライディングタックルを浴びせた。これにより2枚目のイエローカードを受けて退場となった。

 クルトワは「最初のイエローカードはボールに触っていたが、2枚目は妥当だ」と語ると、「カードを貰った選手があんなファウルをする必要はない。アドレナリンが出ていたのかもしれない。試合に勝ちたかったが、残り10分はさらに難しくなった」と、同僚の退場に不満をもらした。

最終更新:10/20(日) 10:35
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事