ここから本文です

古巣とのダービーに臨んだ柏DF高橋峻希に訪れた「4か月ぶりくらいの勝利」

10/20(日) 23:10配信

ゲキサカ

[10.20 J2第37節 千葉0-3柏 フクアリ]

 前節・水戸戦(●2-3)で18試合ぶりに出場を果たした柏レイソルのDF高橋峻希。水戸戦は左サイドバックでの出場だったが、今節・ジェフユナイテッド千葉戦では本職の右サイドバックでの先発となった。「いつものポジションに戻ったというか、みんなが助けてくれたので思い切ってやれた」と、主戦場での一戦を振り返った。

 2012年夏から1シーズン半プレーした古巣とのダービーマッチ。神戸所属時代の昨季に天皇杯でフクダ電子アリーナでの千葉戦に出場している高橋だが、この日は14950人のサポーターが詰めかけ、1年前の天皇杯と比べると約4倍のサポーターが客席を埋めていた。

「フクアリが満員になると、僕がジェフにいたときからモチベーションがあったので、その雰囲気をつくってくれたサポーターにも感謝してます」。両チームのクラブカラーであるイエローのサポーターで染められたスタジアムは、40回目の千葉ダービーにふさわしい雰囲気を作り出していた。

 高橋がピッチで勝利の笛を聞いたのは、6月1日の第16節・岐阜戦(○1-0)以来となる。「4か月ぶりくらいの勝利」とその味を噛みしめるも、「まだ何も決まっていないので、また切り替えて次の試合に向けてやりたい」と、次節ホームでの福岡戦へと照準を合わせた。

最終更新:10/20(日) 23:10
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事