ここから本文です

古江彩佳のアマチュアVを同級生&後輩も祝福! “素顔の古江”は…「かわいい妹キャラ(笑)」

10/21(月) 7:05配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<富士通レディース 最終日◇20日◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6675ヤード・パー72>

古江彩佳 両親思い涙【大会写真】

最終日の18番グリーン脇で、古江彩佳の史上7人目のアマチュアVを見届けたのが、同級生の西村優菜、吉田優利と、1つ下の西郷真央だ。3人とも決勝ラウンドまで進み、一足先に競技を終えていたが、プレー後はコースに残って同世代の偉業を祝福した。

ナショナルチームでもともに汗を流した吉田は、「感動しました。スピーチでもらい泣きしました」と目頭を熱くした。また西郷も「自分のことと思うくらいで、涙目になってしまいました」と先輩のプレーに胸を打たれた。こちらもナショナルチームメンバーだった西村は、「ほんとにショットが曲がらない」とそのプレーを改めて賞賛。ホールアウト後3人は、古江をハグで出迎え、喜びを分かち合った。

優勝インタビューや会見では、“おしとやかに”今の気持ちや、今後の目標を語った古江だが、仲間たちにその素顔を聞くと…「笑い声で“うるさい”って言われています。明るくてかわいい妹キャラです(笑)」(西村)と元気印。さらに西村は「動きがかわいい」と続け、“愛されキャラ”の普段の様子を思い浮かべてニコッと笑った。

この優勝でプロ資格を得ることになる古江は、テスト免除でLPGA正会員の道を歩むことに。2週後に最終テストが控えている3人にとっては、ライバルが1人減る形となり、吉田は「ありがとうございます(笑)」と、これも“朗報”となった。

とにもかくにも「同世代が優勝したことにビックリ。ジュニア時代に一緒に戦った黄金世代のみなさんがプロで勝った時も驚きましたが、まさか同級生が…」(西村)と、“衝撃の結果”になったようだ。(文・間宮輝憲)

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/21(月) 7:05
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事