ここから本文です

堀ちえみ 会話自粛も「歌いたい」と本音手紙 舌がん手術後初登場

10/21(月) 5:59配信

デイリースポーツ

 タレントの堀ちえみ(52)が20日、都内で著書「Stage For~舌がん『ステージ4』から希望のステージへ」(扶桑社)の発売記念サイン会を行い、2月にステージ4の舌がんの手術を受けて芸能活動を休止して以来、初めて公の場に姿を見せた。手術で舌の6割以上を切除し、再建したため、報道陣には直筆の手紙と事前に集めた質問への回答書が配られる異例の取材対応。堀は100人限定のファンとにこやかに交流した。

 堀の元気な姿に涙を流すファンが列をなした。舌の状態が万全でない堀は会話を自粛したが、それでも時折、小さな声で「はい」、「ありがとうございます」と答え、笑顔を絶やさなかった。

 10時間以上に及ぶ舌がんの手術を受け、切除した部分に太ももの組織を移植。4月には初期の食道がんの手術も受けている。関係者によると、舌は打ち合わせなどでは普通に発言できるまで回復しているが、公の場では納得できる状態に達していないとの判断で発声を控えたという。

 報道陣に向けた直筆の手紙には「本当は私の口からご挨拶を申し上げるべきなのですが、文章によるメッセージになることをお許し下さい」とつづった。現在は2週間に一度、言語聴覚士の指導の下で発声、発語のトレーニングをし、月1でボイストレーニングの先生にも会うなどリハビリ中。移植した組織が薄くなることを想定して、あらかじめ厚めに付けており、舌の状態が日々、変化する難しさがあるという。事前質問への回答書では、ラ行やナ行のような舌を使う言葉に苦戦していると明かしている。

 自著では1月に舌がんが発覚してからの日々を振り返り、代表作「スチュワーデス物語」で縁が生まれたJALから7000羽の千羽鶴が届いたエピソードなど秘話をつづった。タイトルに「希望のステージへ」と入れたように、今後は歌手復帰を目指していく。

 回答書にも「やはり歌いたいです。歌が歌えるようになったら、デビュー40周年記念のライブをやりたい。リハビリに励んで、絶対に実現させる!という夢に向かって頑張っています」と書き込んだ。1982年に「潮風の少女」でデビューした“花の82年組”。2022年の完全復活を見据えて、力強く歩んでいく。

最終更新:10/21(月) 7:37
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事