ここから本文です

中国ECで成功するための販促キャンペーン対策&集客を伸ばす4つのポイント

10/21(月) 10:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

天猫(Tmall)のショッピングキャンペーン「ダブル11」が2009年にスタートしてから、毎年11月11日は、中国小売市場で最も影響力のあるショッピングの祭典となりました。その後、京東(JD.com)、蘇寧(Suning、スーニン)など各ECプラットフォームも「JD618」「蘇寧618」など各種キャンペーンを行うようになりました。

現在、後発のECプラットフォームも毎月さまざまな大型キャンペーンを実施。消費者の買い物の場、企業の出店先といった選択肢が広がっています。ECプラットフォームのキャンペーンに慣れ親しんでいる消費者に、販促キャンペーンなどを活用して売り上げを伸ばすことは必要不可欠なこと。本稿では、アリババグループの販促キャンペーンを例に、売上向上に不可欠となる店舗運営のコツについて説明していきます。

 

「Tmall」とタオバオの販促キャンペーン

「Tmall」の「ダブル11」の流通総額は毎年、驚異的なスピードで伸びています。2018年の流通総額は2000億135万元(1元15.76円換算で約3兆1523億円)に達し、過去最高を更新。大多数の店舗で「ダブル11」当日の流通総額が各店舗の年間流通総額の30%を占めました。多くの店舗にとって「ダブル11」は極めて重要なキャンペーンとなっているのです。

熾烈な競争を繰り広げられる中国のEC業界において、各企業は全力で「ダブル11」期間にお金やリソースを投入。年始に立てた販売目標の達成をめざしてラストスパートをかけます。

こうした「ダブル11」以外にも、多くのキャンペーンをアリババグループは実施していることをご存じでしょうか。販促キャンペーンは、その影響力によって以下の3種類に分けられます。

・S級大規模キャンペーン:三八女王様フェスティバル、618年半ビッグプロモーション、99ジュ・ファ・スァン(アリババ傘下の共同購入サイト)、ダブル11グローバルショッピングカーニバル、ダブル12ショッピングキャンペーンなどです。
※Sはスーパーという意味で、大規模キャンペーンと意味しています。
・A級大規模キャンペーン:恋人の日、88会員感謝デー、狂暑シーズン、520ママ&ベビーデイ、グローバルお正月フェスティバルなどです。
*Aは優良という意味です。S級キャンペーンのほかは、ランク付けでA-の上に、A級さらにA+級を表現しています。
・商品カテゴリーのキャンペーン:ホーム用品類の「インテリア優待フェスティバル」、家電製品類の「グローバル着信キャンペーン」などは、商品カテゴリーごとにキャンペーンも異なります。




□ 主な販促キャンペーン

1月 |2月 |3月 |4月 |5月 |6月
お正月用品大セール* |恋人の日 |三八女王様フェスティバル |男の日フェスティバル |ママ&ベビーデイ |618年半ビッグプロモーション
7月 |8月 |9月 |10月 |11月 |12月
狂暑シーズン |88会員感謝デー、秋冬新発売 |99ジュ・ファ・スァン |10.1国慶節優待祭(ダブル11のがスタート) |ダブル11グローバルショッピングカーニバル |ダブル12ショッピングカーニバル
※陰暦は毎年変わるため、1月下旬から2月下旬前後で、「お正月用品大セール」は2月あたりです。


参加するには以下の条件があります。

1. 基礎サービス評価点数が2.8点以上
2. A級キャンペーン期間中、商品価格を過去15日間の最安値で販売
3. S級キャンペーン期間中、商品価格を過去15日間かつ終了後15日間、最安値で販売
4. ブランドの市場認知、キャンペーン活動との適合度、ターゲットのニーズ、営業年数、経営状況、運賃保険及びサービス保障などの基準を満たしている多数の応募店の中から選抜
5. 一部の大規模キャンペーンで運賃保険を支払う

また、販促内容によってキャンペーンの条件も異なります。たとえば、「Tmall」プラットフォームでは、他店舗と併せ買いで一定の金額以上を購入した場合、購入額全体から割り引きを行うモール全体のキャンペーンへの参加も必要となります。

 

1/3ページ

最終更新:10/23(水) 9:46
ネットショップ担当者フォーラム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事