ここから本文です

愛くるしいヒツジ、リス、カピバラ さいたまの大崎公園子供動物園で人気 フラミンゴなども客楽しませる

10/21(月) 9:32配信

埼玉新聞

 秋の行楽シーズンを迎え、埼玉県さいたま市緑区の大崎公園子供動物園では動物たちが愛くるしい姿を見せ、訪れた人を楽しませている。

<イルミ>東武動物公園で300万球、人気ボーカリスト「天月-あまつき-」とコラボ “光の花畑”も

 同園の「どうぶつひろば」は、動物と直接触れ合うことができる。子どもたちはヤギやヒツジ、モルモットをなでて喜んでいた。

 アメリカアカリスはケージ内を素早く動き回る。この時期は園内で集められたドングリを餌にしている。ヒツジはむくむくとした毛が特徴。レッサーパンダやカピバラも人気だ。

 大型の動物はニホンジカがいる。ヨーロッパフラミンゴ、マナヅルなど鳥類も数多く見られる。

 同園は入園無料。JR浦和駅東口から国際興業バス「大崎園芸植物園」方面行きに乗り、同バス停下車徒歩5分。

最終更新:10/21(月) 9:32
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事