ここから本文です

東京ドームが「アイマス」に染まった日、天海春香が「あのセリフ」を秘めた理由

10/21(月) 15:40配信

J-CASTニュース

 2019年10月19日から20日にかけて、バンダイナムコのゲーム・アニメ音楽のライブイベント「バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル」(バンナムフェス)が東京ドームで行われた。

 「アイドルマスター(アイマス)」「ラブライブ!サンシャイン!」「アイカツ!」「ワンダーモモ」の4タイトルのキャストが出演し、アイドルゲームの祭典を華やかに盛り上げた。現地を訪れたJ-CASTニュース記者が、2日目(20日)の様子をレポートする。

■「どんなアイドルが出てくるかわからない構成です!」

 2日目の公演はバンダイナムコが制作してきた女性アイドルゲームの全タイトルのキャストを集めた、いわば、バンダイナムコが制作してきたアイドルコンテンツによるフェスがコンセプトだ。

 オープニングアクトは「アイドルマスター」から「765プロオールスターズ」「シンデレラガールズ」「ミリオンスターズ」が1曲ずつ3曲を歌唱、すると司会の中村繪里子さん(765プロオールスターズ・天海春香役)と松嵜麗さん(シンデレラガールズ・諸星きらり役)から、「(2日目は)どんなアイドルが出てくるかわからない構成です!」との宣言が。アーティスト名を出さずにいきなり楽曲が始まっていく構成で、客席にとっては次に誰が登場するか予想がつかないワクワク感がある。オープニングアクトにアイマスから「シャイニーカラーズ」のユニットが唯一登場しなかったのもその布石だったのだろうか。

 トップバッターの「アイカツ!」から5曲が歌わると、続くはアーティストの桃井はるこさんによる「ワンダーモモ」と「ワンダーモモーイ」だ。1987年、当時のナムコが制作したアイドルゲーム「ワンダーモモ」の主題歌が、かつてこのゲームをプレイしていた桃井さんらにより2005年にリメイクされ「ワンダーモモーイ」となり、ゲーム「太鼓の達人」にまで採用。80年代から現在に至るまでの楽曲が、同じセットリストに載ったところに、アイドルゲームの進化の歴史が垣間見られる。

1/3ページ

最終更新:10/22(火) 10:49
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ