ここから本文です

『ジョーカー』変貌を遂げるアーサーを取り巻く2人の女性に注目

10/21(月) 16:00配信

cinemacafe.net

全米・日本を含む世界66か国でNo.1を記録、日本では公開12日間で興行収入20億円を超える大ヒットとなっている『ジョーカー』。この度、主人公のアーサーが2人の女性と幸せそうに笑う姿を捉えた特別映像が到着した。

【画像】アーサーのステージを見てほほ笑むソフィの姿もあるが…



「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸にコメディアンを夢見る、孤独だが心優しいアーサー・フレック。彼は母ペニーと同居し、病弱な彼女の面倒を見ている。毎晩、アーサーは母と2人でトークショー「マレー・フランクリン・ショー」を見るのが日課。

到着した映像で確認できるように、テレビを観ながら2人でダンスをする姿からも、アーサーは“悪のカリスマ”ジョーカーとはかけ離れた母親想いの好青年であることが伺える。そんなアーサーは、同じアパートに住むシングルマザーのソフィに好意を寄せているが、それは遠くから見ているだけの淡い恋だ。


「他の隣人にそうするようにアーサーにも笑顔を向ける」
「ソフィはフレック親子と同じ階に住んでいてアーサーとはエレベーターの中で顔を合わせたりするの」とソフィを演じたザジー・ビーツが説明する。「ソフィは一人で娘を育てているから苦労も経験してきた。だからアーサーが人付き合いが苦手なことや、どことなく自信を失っていることが彼女には分かるから、ないがしろにせず親切に接するし、他の隣人にそうするようにアーサーにも笑顔を向けるのよ」と語る。

映像でも、アーサーと気さくに話し、彼のスタンダップコメディのステージを見てほほ笑むソフィの姿があり、彼女も特別な感情を抱いているのでは? とさえ思えてくる。

「私が知っているのは、アーサーであってホアキンじゃないのかも」
母親想いで、好意を寄せる女性に笑顔を向けられるアーサーが、なぜ狂気溢れる唯一無二の悪となってしまうのか。アーサーを演じたホアキン・フェニックスについて、母ペニーを演じたベテラン女優フランセス・コンロイは、「ホアキンに感服したわ。彼は普段はおとなしい人よ。役と一体化し、共演相手と息を合わせていたわ。私が知っているのは、アーサーであってホアキンじゃないのかもしれない。ホアキンは24時間、役のままだった。素の自分を捨て、ひたすらシーンの現実を生きていたの」と、役へ入り込んだ彼の姿を目の当たりにしたとふり返る。

そして、ザジーもまた、「昔からホアキンの大ファンだったの。同年代の俳優の中では最高クラスの演技派よね。そんな彼とトッド(・フィリップス)は緊密にコミュニケーションをとっていて、その中に私もしっかりと加えてもらった」とホアキンとの共演を楽しんだという。

この2人の女性が、どのようにアーサーの人生に関わっていくのか、注目して観てほしい。

『ジョーカー』は全国にて公開中。

最終更新:10/21(月) 16:00
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事