ここから本文です

韓国大会3位の松山英樹が27位にランクアップ ZOZO出場組は何位で大舞台に臨む?【男子世界ランキング】

10/21(月) 15:50配信

ゴルフ情報ALBA.Net

20日付の男子世界ランクが発表された。先週韓国で行われた米国男子ツアー「ザ・CJカップ@ナインブリッジ」で、3位タイになった松山英樹は31位から27位にランクアップした。

シブコがタイガーに接触成功!【ZOZOライブフォト】

上位陣に大きな変動はないが、同大会を制したジャスティン・トーマス(米国)が5位から4位になった。1位はブルックス・ケプカ(米国)、2位がローリー・マキロイ(北アイルランド)、3位はダスティン・ジョンソン(米国)となっている。今週の「ZOZOチャンピオンシップ」に出場するタイガー・ウッズ(米国)は1ランクダウンの10位となった。

先週の「日本オープンゴルフ選手権」を制したチャン・キム(米国)は151位から75位となりトップ100入り。日本勢最上位の2位タイで大会を終えた堀川未来夢が200位から144位に上がった。

この他の日本勢は、今平周吾が52位をキープ。その後、103位の星野陸也、104位の石川遼と続く。以上の日本選手は全員がZOZOに出場。この他は、小平智が186位、浅地洋佑が199位、大槻智春が234位、香妻陣一朗が567位で大舞台に臨む。

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/21(月) 16:05
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事