ここから本文です

アメコミ映画12年ぶりの快挙!『ジョーカー』3週連続No.1、30億円目前

10/21(月) 17:40配信

cinemacafe.net

全米・日本を含む世界66か国でNo.1を記録している映画『ジョーカー』が、公開3週目を迎える週末も動員数1,845,043人、興行収入2,720,157,750円と、30億円を目前に週末ランキングで3週連続No.1を記録したことが分かった。

【写真】心優しかった男が<悪のカリスマ>に変貌していく『ジョーカー』



第76回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、アメコミ映画史上初となる最高賞の金獅子賞を受賞した『ジョーカー』。10月4日より公開スタートした本作は、リピーター続出やDC初心者にも好評で、高い満足度と衝撃の内容に早くも映画の枠を超えた社会現象を巻き起こしている。

公開3週目を迎える週末も爆発的な快進撃を続けており、現在、興行収入30億円も目前! 日本におけるアメコミ映画の3週連続No.1は、『スパイダーマン3』(’07)以来、12年ぶりの快挙となり、「R15+」指定の本作がランキング3週連続No.1というのは異例だ。

また、米サイト「Box Office Mojo」によれば、世界興行収入は7億3752万ドル(800億759万円)を超え、世界中で『ジョーカー』旋風が拡大し続けている(※10/20付け「Box office mojo」調べ※1ドル=108.48円換算)。

『ジョーカー』は全国にて公開中。

最終更新:10/21(月) 17:49
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事