ここから本文です

今年発表した2枚、そして来年リリースの『Van Weezer』からさらに次の『Okay Human』まで! リヴァースが全部まとめて語る!

10/21(月) 14:40配信

rockinon.com

90年代や00年代初期とは違って、僕らがショウをやって速弾きをやると、会場中が沸くんだ。だから『Van Weezer』みたいなレコードを出すなら今だって感じている。

忠実なファンは別にして、普通のリスナーを引かせてしまいそうな邪悪ムード漂うジャケの『ブラック・アルバム』だったが、中身はいつものウィーザーならではのキャッチーなメロディとフックが満載で文句なし。しかもカバーで驚かせつつ、がっちり新規のファンも獲得、と大ヒットした『ティール・アルバム』の後にどんなものがくるのかと注目していたところに届けられたのが、16年の『ホワイト・アルバム』時から、次は〈ブラック・アルバム〉と宣言されていただけに、どんなに挑戦的なものが、と思ったりもしたが“ゾンビー・バスターズ”を筆頭に、相変わらず本質的にはパワー・ポップ度の高い楽曲が並んでいた。

しかし丹念に聴いていくと、やはりリヴァース・クオモがいつものギターではなく、ピアノ・メインで曲作りをしたり、ラップ風を交えたり、あえてラフな構造で迫るかなたに新コンビとも言うべきデイヴィッド・シーテック(ティービー・オン・ザ・レディオ)の姿が浮かび上がりと、さすがとしか言いようのない捻り具合で一筋縄ではいかない。当然だろ!?とのリヴァースの鼻息が伝わってくるインタビューとなった。(大鷹俊一)


ウィーザーの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』11月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。
Fujisan.co.jpリンク
Amazonリンク

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:10/21(月) 14:40
rockinon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事