ここから本文です

のん 中学時代は1食で6合「おかずなしにご飯だけ食べていた」

10/21(月) 15:01配信

東スポWeb

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(2013年)に能年玲奈名義で出演し、大ブレークした女優・のん(26)が21日、都内で行われた「Sante! Futakotamagawa 2019」内の「ご当地タニタごはんコンテスト」に参加した。

 あまちゃんの舞台となった岩手県の新米PR役を務めているように、実は大の米好きだ。中学時代は1食でなんと6合も平らげていたといい「あのころはすごくおなかが減って、おかずなしにご飯だけで食べていた。今よりぽっちゃりしていたかな」と苦笑いで振り返った。

 芸能界入りし、人前に出る仕事が増えたことで、食欲を封印した。「最近はそんなに食べていない。ポテトチップスやチョコレートのような菓子が大好きだけど、食べないように我慢して、ご褒美に取っておいている」。大好物を断って体形維持に努めているようだ。

 現在、一人暮らしで自炊しており、カレーやグラタンが得意料理だとか。そんな料理上手ののんは、来年の同コンテストのアンバサダーに就任する。

 今年の同コンテストは22日に同地で開催予定。地域の伝統的な調理法や調味料を生かしつつ、タニタが考える健康的な食事の目安にのっとってアレンジしたレシピを募集し、優勝チームには賞金50万円が贈られる。

最終更新:10/21(月) 15:03
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事