ここから本文です

「ヤベェ本」2万RTで異例の重版、「有職装束大全」が絵師のハートをつかんだ理由

10/21(月) 7:00配信

ITmedia NEWS

 「ヤベェ本を買ったぞ……」

 たった一つのツイートをきっかけに、創業100年を超える老舗出版社でちょっとした騒動が起きた。

Twitterに降臨した著者(画像)

 この「ヤベェ本」とは、平凡社が出版する学術書「有職装束大全」のことだ。日本に伝わる有職装束研究の第一人者である八條忠基さんが執筆した全320ページの大作で、2018年6月の発売以来、装束研究者を中心に高い評価を得ている。初刷は3000部で在庫はじわじわ減っていき、19年9月時点では数百部が残る程度だったという。

 9月21日に冒頭のツイートが投稿されると、その状況が一変した。

 同書を購入したrobinさんが「ヤベェ本を買ったぞ…」と有職装束大全の魅力をTwitterで紹介。この投稿は2万8000件以上のリツイートと6万3000件以上のいいねがつくほど拡散され、3連休明けの24日には日本全国の書店から大量の問い合わせが平凡社に押し寄せ、数百部あった在庫が一瞬でなくなった。Twitterがきっかけで重版が決定するという、学術専門書籍としては異例の事態に、平凡社の社員は大いに驚いたという。重版が決定したのは、21日のツイートから4日後、わずか2営業日後のことだった。

 異例の重版が決まった現場で、一体何が起きていたのか。また、伝統的な装束文化に多くのイラストレーター(絵師)がTwitter上で関心を寄せたのはなぜなのか。有職装束大全の内容とその魅力から、天皇陛下が即位を内外に宣言する「即位の礼」(22日から)の注目ポイントまで含め、著者の八條忠基さんと平凡社の清田康晃さん(営業部 販売1課)、竹内清乃さん(編集2課長 「別冊太陽」編集長)に聞いた。

(編集:ITmedia村上)

Twitterで異例の重版 「これまでにないスピード」に驚き

──Twitterの投稿をきっかけに、有職装束大全の重版が決まりました。

八條忠基さん(以下八條さん) あれよあれよという間に重版が決まりました。表向きには「特殊な本なので重版に驚きました」と言っていますが、実をいうと私はそれほど特殊な本だと思っておらず、2年以内には重版するだろうという自信がありました。14年前に出した本(注1)も最終的に5刷りまで版を重ねています。需要はあるわけです。ただ、その販売先は個人というより図書館になります。中学校以上の学校図書館や自治体の図書館など全国でかなりの数になります(注2)。それぞれに1冊ずつ所蔵してもらうだけでも重版になるという見立てはありました。

注1:2005年に誠文堂新光社から出版した「素晴らしい装束の世界-いまに生きる千年のファッション」

注2:図書館調査事業委員会の2018年度の調査資料によると、公共図書館の数は3000以上、大学図書館の数は1300以上。2018年度の文部科学省・学校基本調査によると、中学校と高校の数(学校図書館の数)は合わせて1万5000校以上

清田さん 図書館需要は手堅く有職装束大全の販売も順調で、発売後1年から1年半ほどで重版する予定でした。ただ、今回の件で重版のタイミングが早くなったというのはあります。

竹内さん 私はネットの盛り上がりのスピードが速いことにびっくりしましたし、この本を「ヤベェ本」と表現する言葉のセンスにも驚きましたね。

──予定より早いタイミングでの重版に迷いはありませんでしたか。

清田さん いずれは重版する予定だったので、迷いはありませんでした。やるんだったら、ツイートが盛り上がっているタイミングですぐ重版しようと決断しました。15日には刷り上がり、16日午後から全国の書店に順次並ぶ予定です(取材日は10月11日)。併せて、ネット書店にも在庫を送ります。通常は重版作業に3~4週間かかりますが、今回はスピーディーに進みました。ツイートが21日で、問い合わせの電話が掛かってきたのが24日。25日には重版を決定しました。

──書店からの問い合わせが殺到したと聞きました。24日の社内はどのような状況だったのでしょうか。

清田さん 書店からの問い合わせを受ける部署から、「何かいつもより注文が多いんですけど」と報告されました。でも、こちらもよく分からないんですね。広告も出していないし販促のツイートもしていなかったので。こういうことはこれまでもあったのでSNSが原因だろうとは思っていたのですが、robinさんのツイートには書名が書かれていなかったので、検索しても分かりませんでした。

八條さん 私も最初はTwitterをやっていなかったので、よく分かりませんでした。そのうち弟子の何人かが「こんなもの(ツイート)がありましたよ」と教えてくれたんです。

清田さん 竹内が「こんなツイートを見つけた」と言ってきたのが翌日。それまでは、何が起きているのか全然分からなかったです。でも、これってバズるツイートのセオリーですよね。著者名もタイトルも出版社名もない、宣伝にならない内容で。販売する側が読ませようとするツイートはバズりません。いちユーザーが自分たちに引き寄せて「こんなに便利な本がある」と言ってくれるのが、いまバズるツイートの“型”だなと思います。

 出版社や著者のツイートがバズることは、そうないんです。やはり、読者のツイートが一番影響力が大きい。創作畑の人のツイートは強いですよね。創作畑の人は情報収集に意欲があり、お金もかけている。有職装束大全の価格は税別で6800円ですが、それでもみなさんどんどん買っています。

──図書館需要は手堅いという話ですが、どれくらい数が出るものなのでしょう。

清田さん 有職装束大全は初刷りが3000部で、その半分以上は図書館で購入されています。書店の外商部が直接図書館に案内するんです。有職装束大全は資料性が高く、図書館が予算を使うタイミングに合わせて順調に販売を重ねていました。

──ということは、有職装束大全で個人向けの需要はあまり想定していなかったのでしょうか。

八條さん (質問の途中で勢いよく)いえ、個人も買うと思っていましたよ! 今回関心を持ってくれた人たちの需要は絶対あると考えていました。私も、そのような人たちとのお付き合いはたくさんありまして、彼らは絶対に欲しいだろうなと。

1/4ページ

最終更新:10/21(月) 17:41
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ