ここから本文です

【DEEP JEWELS】王者・前澤智「選手は支えられ戦う」友人から贈られたパンツで計量パス

10/21(月) 16:54配信

イーファイト

 10月22日(火)に東京・後楽園ホールにて開催される『DEEP JEWELS 26』の前日計量が21日都内にて行われた。

【フォト】引き締まったシックスパックを見せつける対戦相手の富松恵美

 メインイベントでDEEP JEWELSアトム級タイトルマッチに臨む前澤智(31=リバーサルジム立川)と富松恵美(37=パラエストラ松戸)が計量に臨み、47.6kgのリミットを共に1回でパスした。

 前澤と富松は過去1度対戦しており、初対戦は2016年11月。その時は前澤がチョークスリーパーで3R一本勝ちを収めている。
 約3年ぶりとなる再戦に向け、前澤は「今日のパンツは今被災地にボランティアに行っている友達が贈ってくれました。昨日はジムの会員さんがベルトに向かって『ちょも(前澤の愛称)ところに帰ってくるんだよ』と言ってくれました。選手は誰かに支えられ、誰かの為に戦っていると思います」と、友人・知人に支えられているエピソードを語った。

 それを踏まえ、「明日戦う全選手が誰かの支えを受け、誰かのために戦うのだと思います。私もジムのみんな、ファンに支えられてここまでやってきました。富松選手の奏でるメタルは激しくて爆音でしょうけど、私は負けずに自分のMMAを踊り続けたいと思います」と想いを背負って戦いに臨む決意をあらわにした。

 対する富松は前澤へのリベンジ戦というだけでなく、3度目のDEEP JEWELS正規王座挑戦(2014年2月に魅津希の反則負けによりストロー級暫定王座獲得、同8月に魅津希との王座統一戦に敗北し正規王座獲得失敗)となる。5年越しで追い続けてきたJEWELSのタイトルに向け「三度目の正直でこのベルトを獲ることと、前澤チャンピオンには以前負けていますので、メインの後楽園ホールで一本勝ちし、記憶に残る明確な勝ちでリベンジしたい」と前澤へのリベンジと正規王座戴冠を同時に果たすと宣言した。

 また富松が所属する「パラエストラ千葉ネットワーク」が20周年を迎えたことに触れ、「パラエストラ勢をさらに勢いに乗せるベルト獲得、必ず達成します!」とこちらも前澤に負けず劣らず、仲間たちのための勝利をもぎ取る構えを見せている。

<計量結果>
▼メインイベント 第9試合 DEEP JEWELSアトム級タイトルマッチ 5分3R
前澤智(リバーサルジム 立川 ALPHA/王者)→47.50kg
vs
富松恵美(パラエストラ松戸/挑戦者)→47.50kg

最終更新:10/21(月) 17:30
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ