ここから本文です

【DEEP JEWELS】KINGレイナが計量で2.9kgオーバー、ダイヤモンドとの対戦に暗雲

10/21(月) 17:09配信

イーファイト

 10月22日(火)に東京・後楽園ホールにて開催される格闘技イベント『DEEP JEWELS 26』の前日計量が21日都内にて行われた。

【フォト】前回7月に63kgへの減量に成功したKINGレイナ

 セミファイナルの63kg以下契約5分3Rに出場するKINGレイナ(23=FIGHT CLUB 428)とダイヤモンドローズ・ザ・ロケット(Thongma GYM)は計量が計量に臨み、ダイヤモンドローズは62.1kgで規定体重をパスしたものの、KINGレイナはまさかの2.9kgオーバー。公式計量で65.9kgを記録してしまった。

 DEEP JEWELSの公式ルールでは、タイトルマッチおよびキャッチウェイト以外の試合では、0.5kgの許容体重が認められている。その上で超過体重が2.0kg未満の場合、競技運営機構が認めた場合に限り、超過体重が0.5kg未満の場合は1点減点、0.5kg以上では2点減点の上で試合を実施。その場合、計量に合格した選手が勝利した場合にはその結果を公式記録、引き分け・負けの場合にはノーコンテストとされると規定されており、このルールに照らし合わせれば、KINGレイナはあと400g落とすことができれば試合実施の可能性をつなぐことができる。

 計量後、ダイヤモンドローズは「今回DEEP JEWELSでファイトできことがとてもうれしいです。KINGレイナ選手は打撃が強い選手ですが、私も得意な打撃で勝利したいと思います」とコメント。対するKINGレイナも「最近練習の質を変えているので、それを出せるように試合をしたいと思います」とコメントを残したが、直後に再計量に向け計量場から姿を消した。

 なお、再計量は計量開始時刻(10月21日12時45分)から3時間経過時点までとされているが、16時30分時点において、DEEP JEWELS公式からの計量結果発表はされていない。

 KINGレイナは2017年からはRIZINに参戦し世界の強豪と対戦して勝利を収めてきたが今年7月のRIZINでは自身最軽量となる63.0kgに挑戦。プロ選手として初の未体験領域の体重の調整に苦しみ、ステファニー・エッガー(アメリカ)に判定負けを喫した。今回は辛酸をなめさせられた63kg契約での再起戦を迎えようとしていたが、大幅な契約体重オーバーに試合開催自体が危ぶまれる結果となった。

<計量結果>
▼セミファイナル 第8試合 DEEP JEWELS 63kg以下 5分3R
KINGレイナ(FIGHT CLUB 428)→65.90kg ※2.9kgオーバー
vs
ダイヤモンドローズ・ザ・ロケット(Thongma GYM)→62.1kg

最終更新:10/21(月) 17:44
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事