ここから本文です

田口淳之介被告に懲役6月・執行猶予2年 傍聴席に一礼

10/21(月) 16:17配信

東スポWeb

 大麻取締法違反(所持)の罪に問われたアイドルグループ「KAT‐TUN」の元メンバー・田口淳之介被告(33)、元女優・小嶺麗奈被告(39)に対し、東京地裁(長池健司裁判官)は21日、それぞれ懲役6月、執行猶予2年(求刑はいずれも懲役6月)の判決を言い渡した。

 判決は7月30日の予定だったが、なぜか延期され、その理由を巡って臆測が飛んでいた。この日の公判で検察側は、関東信越厚生局麻薬取締部(マトリ)が、5月に2人が同居する東京都世田谷区のマンションへの家宅捜索の模様を撮影した動画を一部マスコミに提供していたと説明。この仰天の事実が判決期日直前に判明し、検察側は捜査の適法性などを検証していたという。

 田口被告の弁護士は、動画の提供について「(田口被告が)同意したことはない」と主張した。

 ただ、検察側は地裁に提出した証拠能力には問題ないと指摘し、弁護側も争わないと確認。ブラックのスーツ姿の田口被告は「支えてくださる方々とともに前に進んでいけたら」と述べた。白地にグレーのストライプのブラウス姿の小嶺被告は「強くなって一歩一歩前進していきたい」と話した。

 両被告は横に並んで証言台に立って判決を聞いた。田口被告は傍聴席に一礼して退廷した。

 田口被告の弁護士は控訴について「検討するが、おそらくしない」と首を横に振った。

 小嶺被告の弁護士は自身のツイッターで、マトリの動画提供について「国家公務員法違反(守秘義務違反)ですからね」と厳しく指摘した。

 判決によると、2人は5月22日、同居する東京都世田谷区のマンションで乾燥大麻約2・2グラムを所持した。

最終更新:10/23(水) 15:59
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事