ここから本文です

イギー・ポップがフリー・ジャズ、ポエトリー・リーディングに挑戦?! 全方位から老いと死に抗う新作、その名も『フリー』を語る!

10/21(月) 19:00配信

rockinon.com

自由を追求するのは当人にとって決死の行為であり、他人を傷つける行為に繋がる場合もある。そんな人間のダークな側面を反映した“自由”を語った歌詞の曲が今作には多いんだ

大ヒットとなった『ポスト・ポップ・ディプレッション』に続くイギー・ポップの新作『フリー』は、彼のパブリック・イメージとはちょっと違う肌合いだが、長年彼が挑んできたもう一つの方向性を突き詰めた傑作だ。暴れ回る元祖パンク帝王ももちろん彼だが、同時に非常にセンシティブな言葉や音に魂を込めていく姿は、どんな音楽スタイルやアプローチであっても濃密なイギー・ワールドを作り上げていく。
映画『インターステラー』にも使われた、詩人ディラン・トマスが死の床にある父親に捧げた詩“あのやさしい夜の中へおとなしく入ってはいけない”から、イギーは自身に向かって投げかけるように《消えゆく光に怒りをぶつけ暴れるんだ》と激烈な言葉を吐く。まさにロック界を“自由”に走り続けてきたからこそ到達した境地を語るインタビューは、黒光りする輝きに満ちている。(大鷹俊一)


イギー・ポップの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』11月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。
Fujisan.co.jpリンク
Amazonリンク

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:10/21(月) 19:00
rockinon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ