ここから本文です

次期EV化のジャガー XJ、現行モデル最後の特別仕様車「XJR575 V8ファイナルエディション」発売へ

10/21(月) 15:30配信

レスポンス

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーのフラッグシップサルーン『XJ』に特別仕様車「XJR575 V8ファイナルエディション」を20台限定で設定、10月21日より受注を開始した。

[関連写真]

ジャガー XJは、1968年に『XJシリーズI』として誕生して以来、VIPや政治家の送迎車両として使用されたり、ビジネスリーダーや王室に好まれて選ばれるなど、8世代にわたって世界中の人々を魅了。50年以上にわたってジャガーの主力モデルであり続けてきたXJだが、次期型のEV化を発表している。

XJR575 V8ファイナルエディションは、XJ現行モデルの最後を飾る特別仕様車。5.0リットルV型8気筒スーパーチャージドエンジン(最高出力575ps、最大トルク700Nm)を搭載した高性能グレード「XJR575」をベースに、アダプティブLEDヘッドライトをはじめ、シルバーカーボンのホイールセンターバッジ、360°サラウンドカメラ、セキュアトラッカー、スマートフォンパック、コネクトプロパックなど装備を充実。ジャガーのフラッグシップモデルにふさわしい1台に仕上げている。

さらに、新車購入から3年間の無料保証が終了する4年目、5年目も利用できる延長メンテナンスプログラム「ジャガー プレミアムケア5」を付帯。成約記念品としてモンテグラッパの高級万年筆「ジャガー・アルティメットペン by Montegrappa」を用意する。

カラーはサントリーニブラック、ユーロンホワイト、ロワールブルー、インダスシルバー、ブリティッシュレーシンググリーンの5色を設定。価格はXJが誕生した1968年にちなみ、1968万円とした。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/21(月) 19:08
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事