ここから本文です

【日本シリーズ】ソフトバンク・松田宣 "エンジョイ思考"で値千金の3ラン

10/21(月) 16:46配信

東スポWeb

 日本シリーズ第2戦は20日、ヤフオクドームで行われ、ソフトバンクが6―3で連勝スタートを飾った。お祭り男の松田宣浩内野手(36)が値千金の3ランを放ち、投げては先発の高橋礼(23)が7回1安打無失点と満点の投球を披露した。

 両軍の先発がともに被安打1に抑える投手戦。7回、松田宣のバットが0―0の均衡を破った。

 無死一、三塁のチャンスで巨人2番手・大竹からバックスクリーンに運ぶ決勝3ラン。「絶対に点を取ろうと最低限を考えてました。完璧に打てました」。恒例の「熱男コール」を本拠地に響かせた。試合後の王球団会長も開口一番「あの本塁打は見事だったね」と満面の笑みを浮かべた。

 ソフトバンクとなって以降、日本シリーズに出れば無敗。直近5年で4度の日本一に輝いている。2006年から在籍する松田宣は今年が6度目のシリーズだが、これまで5度の出場で5度の日本一だ。大舞台でどのような心境でプレーしているのか。試合前に明かしていたのがチームにも流れる「日本シリーズ=ご褒美」としての“エンジョイ思考”だった。

「シンプルに野球を楽しむ。それしかないでしょう。何回も日本シリーズを経験させてもらって分かってきたことではありますし、僕らも昨日(第1戦)は最初の2回くらいまでは緊張でガチガチでしたけど。こんな舞台でやれるのはこの2チームだけなんですから」

 そしてこうも続ける。

「今はCS放送や動画などで野球が見られるようになってますけど。日本シリーズはたった1試合だけが地上波で全国に流れるんですよ。僕は子供のころ地上波で野球が流れていた世代で見て育っていました。今、こんな機会なかなかないじゃないですか」

 では、そこは松田宣のこと。目立ちまくるべく猛ハッスルするのか――。この問いには「いやいや。僕はこういう時は謙虚にですよ。謙虚に頑張ります」。ニヤリと笑ってみせたが、会心の一発で第2戦のヒーローとなってみせた。お立ち台では「100点満点の『熱男』ができました」と“松田節”で盛り上げた。

 この日の円陣では松田宣の指名を受けた福田が、こちらも「全国の野球少年も見ている。こういう選手になりたいと思ってもらえるようなハツラツとしたプレーをやっていきましょう。そしてシンプルに楽しんで勝ちましょう」とゲキ。その有言実行通りの一発を右翼席に放てば、主砲の柳田にも一発が出た。

 連勝スタートで日本シリーズの本拠地での連勝が14に伸びたソフトバンク。工藤監督は「東京ドームでもその日のゲームを取るんだという強い気持ちで戦いたい」と力を込めた。日本一3連覇へ投打ともに盤石だ。

最終更新:10/22(火) 0:35
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ