ここから本文です

【新体操】エース欠場で注目される大岩千未来「安定した演技をしたい」

10/21(月) 18:39配信

東スポWeb

 イオンカップ2019世界新体操クラブ選手権の記者会見が21日、都内で行われ、9月の新体操世界選手権(アゼルバイジャン・バクー)個人総合日本代表の皆川夏穂(21=イオン)が、右足のケガで欠場することを発表した。

 日本のエースとして注目を集めていたが「無理すると今後に影響してしまうと医者に言われたので、辞退させていただきました」と説明。今後に向けては「来年の東京五輪の代表に選ばれるように気を引き締めたい」と話した。

 エース不在で活躍が期待されるのは、大岩千未来(17=イオン)だ。世界選手権では19位に終わり、目標の五輪出場枠を取れなかっただけに「来年のW杯で3位に入れば、出場枠を獲得できる。イオンカップに向けては、課題であるミスを減らすことに取り組んでいる。イオンカップでは安定した演技をしたい」と意気込んだ。

 また、今大会には世界選手権個人総合金メダリストのジーナ・アベリナ(21)、銀メダリストのアリーナ・アベリナ(21=ともにロシア)の世界最強の双子も出場する。妹のジーナは「台風19号の被災者たちに勇気を与えられる演技をしたい」と誓った。

 大会は25日から27日まで群馬・高崎アリーナで開催される。

最終更新:10/22(火) 16:23
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事