ここから本文です

世田谷シルク「青い鳥」観客も物語の一部になる“参加型演劇”

10/21(月) 16:45配信

ステージナタリー

世田谷シルク「青い鳥」が、12月25日から28日まで東京・シアタートラムで上演される。

脚本・演出・翻訳・振付を堀川炎が手がける本作は、メーテルリンクの童話「青い鳥」をモチーフにした世田谷シルクの新作。佐藤優子、武井希未、藤川修二、伊藤南咲、岩田裕耳ら28名が出演する。

上演に向けて出演者で世田谷シルクメンバーの武井は、「近くにある幸せに気がつくことは難しい。幸せとはいったい何なのでしょうか。どこにあるのでしょうか。『青い鳥』は、観る人全てが“自分たちの幸せの正体”を探しにいく作品です。また、今作品は、お客様も物語の一部になる参加型演劇です。私たちと一緒に青い鳥を探す冒険に出かけませんか?」と観客にメッセージを送っている。

■ 世田谷シルク 第11回公演「青い鳥」
2019年12月25日(水)~28日(土)
東京都 シアタートラム

原作:モーリス・メーテルリンク
脚本・演出・翻訳・振付:堀川炎
出演:佐藤優子、武井希未、堀川炎、藤川修二、伊藤南咲、岩田裕耳、絵理子、大原富如、柿の葉なら、黒田麻理恵、元々、河野里咲子、椎名慧都、須崎天啓、鈴木麻央、高野将大、竹内真里、友松花穂、橋詰高志、浜野まどか、林香奈、牧野栞奈、ミヤタユーヤ、宮崎優里、森慶子、山岡よしき、湯浅くらら、吉田みずほ

※須崎天啓の「崎」と宮崎優里の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

最終更新:10/21(月) 16:45
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事