ここから本文です

【西武】2年連続本塁打王の山川が、打倒ソフトバンクへ早くも始動! 「長期の休みはもう取るつもりはない」

10/21(月) 17:33配信

スポーツ報知

 パ・リーグを2連覇しながら、2年連続でクライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージでソフトバンクに敗れた西武が21日、埼玉・所沢市のメットライフドーム横にある室内練習場で秋季練習をスタートさせた。

 宮崎でのフェニックスリーグに参加している若手や、侍ジャパンに選出された秋山、源田、外崎をのぞく山川、森、中村ら主力組が参加。43本塁打を放って2年連続本塁打王に輝いた山川は、キャッチボール、ティー打撃、ランニングなどで体を動かした。CS敗退後は約1週間、休養に充てていたといい「ここからは来年の2月まで休みなしではないけど、基本動けるようにしたい。長期の休みは、もう取るつもりはない。(秋季)キャンプも行くつもりです」と意気込んだ。

 原動力となっているのは「打倒・ソフトバンク」だ。CSでは2年連続でソフトバンクの壁にはね返され、日本シリーズでも巨人に2連勝。柳田、中村晃、福田、バンデンハーク、石川らシーズン中は故障で離脱していた戦力も整い、直近5年で4度の日本一に立っている王者らしい短期決戦の強さを見せている。

 山川は「僕たちが一応2年連続チャンピオン」とプライドをのぞかせながらも「今の見ているソフトバンクが一番ベストだと思うので、あのソフトバンクを目指して、追い越せるように、個人的にはあのメンバーに勝つことを意識してやっていきたい。3連覇と、もう一つ(個人)成績を出して今のソフトバンクに勝つ」と決意を口にしていた。

最終更新:10/22(火) 15:03
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい