ここから本文です

【西武】十亀が国内FA権行使を熟考「本当に悩んでます」…球団からは好条件提示も

10/21(月) 17:10配信

スポーツ報知

 西武の十亀剣投手(31)が国内FA権の行使へ21日、悩める胸の内を明かした。

 通算51勝のサイド右腕は、すでに西武と交渉。「僕が想定していた以上の内容だった」という好条件を提示されたが、「即答で(残留を)うん、とは言えない感じはありますね。ほかの話を聞いてみたいという気持ちがあるのかもしれないですね、シンプルに」と気持ちが揺れ動いていることを、吐露した。

 15年に11勝を挙げ、今季は5勝6敗、防御率4.50。先発だけでなく中継ぎや抑えも経験してきた。さらに、今季年俸は5100万円(推定)でFA移籍の際は補償が不要なCランク。宣言すれば複数球団が名乗りを挙げる争奪戦に発展する可能性もある。

 この日は埼玉・所沢市のメットライフドーム横の室内練習場で行われた秋季練習に参加した十亀は、今後も西武と交渉する見込みであるといい「本当に悩んでます。純粋に悩んでいます」と話していた。

最終更新:10/22(火) 8:44
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事