ここから本文です

『生田家の朝』が『緑山家の朝』へ 視聴者を“裏切る”日テレ朝ドラ戦略

10/21(月) 8:00配信

オリコン

 特別な出来事は何も起きなかったいつもの朝に飛び込んできた仰天の“事件”がお茶の間をザワつかせている。日本テレビ系の朝の情報番組『ZIP!』で放送中の朝ドラマ『生田家の朝』第15話の終盤。それまで相変わらずの朝の日常“あるある”な会話を繰り広げていた生田家の面々が、カメラがグイッと引いたかと思ったら、突然テレビの画面のなかに入ってしまったのだ。そのテレビを観ている夫婦……。新ドラマ『緑山家の朝』がスタートした。

【画像】衝撃の日も変わらない日常が繰り広げられていた『生田家』

■覆された“ごく普通の4人家族の朝の日常風景”ドラマ

 平日朝の7時50分頃から放送中の『生田家の朝』は、脚本にバカリズム、企画・プロデュース・主題歌に福山雅治という異才がタッグを組んだ7分間のショートドラマ。ごく普通のサラリーマンの父親にユースケ・サンタマリア、さばさばした母親に尾野真千子、そして小学生と中学生の子どもたちというごく普通の4人家族の朝の日常風景が、ゆるっとしたテンポで描かれる。

 ドラマチックな出来事は一切起きないが、起承転結とオチも付けた構成で見せるのはさすがバカリズムワールドと言ったところ。昨年12月にシーズン1が放送された際には、ネットでも「どうってことない内容だけど永遠に観ていられる不思議な魅力がある」「何も考えず、たまにクスッとしながら観た。こんな家族いいなあ」といった好評の声が上がった。視聴率は合格点、さらに午前8時から始まる『スッキリ』の序盤視聴率も押し上げたという実績からお茶の間に帰ってきたわけだ。

 この10月から放送されているシーズン2でも、先週まではあいも変わらず4人家族の“ふつうの朝”が映し出されてきた。この家族にすっかり親近感を抱いている視聴者も多かったことだろう。それだけに、思わぬ『緑山家の朝』のスタートに「あの4人とはもう会えないの?」と気が気ではないはずだ。

 ちなみに、『生田家の朝』とは、撮影が行われている日本テレビの生田スタジオの“生田”から。『緑山家の朝』の“緑山”は、TBSの緑山スタジオから取っているわけだが、バカリズムらしいウイットが効いたネーミングであり、その突然のドラマ展開とともにファンはぐっと引き付けられていることだろう。

1/2ページ

最終更新:10/23(水) 17:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事