ここから本文です

ReoNa、21歳誕生日ライブで『SAO』10周年テーマ曲初披露 次回ツアー発表も

10/21(月) 16:40配信

オリコン

 テレビアニメ『ソードアート・オンライン』シリーズで劇中アーティスト・神崎エルザの歌唱やエンディングテーマを担当していることでも知られるソロ歌手のReoNaが20日、東京・青海のZepp Tokyoでワンマンライブ『ReoNa ONE-MAN Live “Birth 2019”』を開催した。同所でのライブは初となったが、21歳のバースデーを祝福しようとチケットは完売となり、2700人を超すファンが詰めかけた。

【ライブ写真】ストリングス隊も加えた21歳バースデーライブ

 ピアノの旋律が響き渡るなか登場すると、ReoNa名義初のオリジナル曲「怪物の詩」で幕開け。オリジナル楽曲はもちろんのこと、神崎エルザ starring ReoNaの楽曲や、SNSを通じてステージ共演が実現したダニエル・パウターの「Bad Day」のカバーも惜しみなく歌唱。『ソードアート・オンライン』刊行10周年記念テーマソング「Till the End」も初披露され、自身最長となる約2時間にわたって全20曲を歌い上げて観客を魅了した。

 ライブ中には、来年2月末から全国ツアー『ReoNa ONE-MAN Concert Tour 2020”A Thousand Miles”』を開催することが発表され、会場は拍手と歓声に包まれた。

■『ReoNa ONE-MAN Concert Tour 2020”A Thousand Miles”』
▽2020年
2月29日(土):宮城・仙台GIGS
3月5日(木):神奈川・ランドマークホール ※女性限定ライブ
3月8日(日):北海道・Zepp Sapporo
3月14日(土):福岡・Zepp Fukuoka
3月20日(金・祝):愛知・Zepp Nagoya
3月21日(土):大阪・Zepp Namba
3月27日(金):東京・Zepp Tokyo

最終更新:10/23(水) 10:16
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事