ここから本文です

「トンデモ医療であると、断言します」 血液クレンジング、医学的に徹底検証してみた

10/21(月) 11:03配信

BuzzFeed Japan

市川海老蔵さんやタレントの高橋みなみさん、ブロガーのはあちゅうさんら著名人が自身のブログやSNSで「血液クレンジング(血液オゾン療法)」と呼ばれる科学的根拠のない治療を受ける様子を紹介し、医療関係者らから批判の声が上がっている。

この療法を提供しているクリニックでは、効果のある病気として、がんや心筋梗塞、HIVの除去、ウイルス性肝炎など、適切な治療を受けなければ命に関わる病気を多数挙げているところも多い。

この療法を推し進めてきた「日本酸化療法医学会」の渡井健男会長は、「年間7万人以上受け、副作用の報告もない安全な治療」とした上で、「保険診療の効かない難病などにも効果がある」と豪語するが、医学界では否定的な意見が主流だ。

ニセ医学について啓発活動を続けている医師、峰宗太郎さんは徹底的に医学文献などを検証した上で「『トンデモ医療』であると断言します」と結論づける。
【BuzzFeed Japan Medical / 岩永直子】

「血液クレンジング」とは何をやるの?

まず、「血液クレンジング(オゾン療法)」では、一体何をするのだろう?

クレンジングとは、「洗浄する」という意味だ。この療法を行なっている赤坂AAクリニックのウェブサイトでは、以下のように説明されている。

”ドロドロの血液を体外に取り出し、オゾンで洗浄することでサラサラの血液になります。

医療用のオゾンガスを使い血液に少量の酸化ストレスを与えることで、身体が本来持つ抗酸化力を高め、「老化防止(エイジングケア)」や「健康改善」に効果が期待できる酸化療法です。”

具体的には100~250mlの血液を採取した後、オゾンを血液に加え、再び体内に戻すと記載されている。

「血液クレンジング」「血液オゾン療法」という名前で自費診療で行われている行為は、末梢静脈血を採取して、その血液にオゾンを混ぜ、再び静脈から点滴のようにして体内へ戻すという点で共通している。

この治療法を研修会などを開いて広めている日本酸化療法医学会では、血液クレンジング療法の効果として、免疫機能の向上やアンチエイジング効果などをうたい、施術可能なクリニック一覧を載せている。だが同医学会のウェブサイトでは、これを裏付ける医学論文など科学的根拠の提示はない。

1/6ページ

最終更新:10/21(月) 11:20
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事