ここから本文です

C.キム「辛かった事と喜びとが重なって涙が込み上げた」怪我を乗り越え手にしたメジャータイトル

10/21(月) 16:33配信

ゴルフネットワーク

 国内男子ツアーのメジャー第3戦「日本オープンゴルフ選手権競技」はチャン・キム(米)の8打差逆転優勝で幕を閉じた。昨シーズンは怪我の影響で試合に出場することが出来ず、今回メジャー大会で2年ぶりの復活Vを手にした。今回の優勝で賞金ランクも1位に浮上。2017年同ランク3位で終えたリベンジを狙うキムが今大会を振り返る。

【動画】松山猛チャージで今季ベストの3位タイフィニッシュ

―日本オープンで2年ぶりのツアー優勝を挙げた今のお気持ちは

 日本オープンでの優勝は本当に大きな意味を持ちますし、今までの優勝とは違う凄く特別な想いが込み上げてきました。

―8打差を追うゲームプランについて

 多くの中断で疲れも溜まっていましたが、ゴルフには中断はつきものなので、そんな中でも精神的に強い気持ちを維持できるかを第一に考えていました。正直、この差は追いつけるとは思ってもいなかったので、自分のベストを尽くせるようにと思いながらプレーしていました。

―ホールアウト後は

 最後にプレーオフをやったのが覚えていないぐらい前のことだったので、速報は聞いていましたが、本当に優勝が決まるまでは緊張しっぱなしでした。

―優勝が決まった瞬間は何を感じましたか?

 最後、2017年に優勝してから背中の怪我で1年近く試合に出場できず、その治療期間中の辛かった事と喜びとが重なって涙が込み上げてきました。

―体の調子について

 8試合連続で出場しているので疲れはありますけど、痛みはもう無いです。

―今後の目標は

 賞金王は大きな目標ですが、今平選手と石川選手という素晴らしい選手が上位にいるので、最終戦までもつれると思いますが頑張りたいと思います。

最終更新:10/21(月) 16:33
ゴルフネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ