ここから本文です

ロボット審判による誤審も野球の未来へのマイルストーン?

10/21(月) 13:11配信

J SPORTS

しかし、一方では選手や監督・コーチはおしなべてこの制度に肯定的で、「判定は正確であることよりも安定していることのほうが遥かに大切」ということをその理由に挙げていた。人による判定では、「初回と中盤、最終回でゾーンが変わることはしょっちゅう」だそうだ。

また、ある投手は「ロボット審判でも球場ごとにゾーンは違う」と語っていた。ぼくが取材した範囲では、どの球場でもロボット審判デバイスは本塁後方のスタンド最上部に取り付けられていたが、そもそもスタンド最上部の位置が球場により異なるのでこれはある意味では当然だ。しかし、その投手は「それでもロボット審判の方が良い」としていた。やはり安定性が第一というのだ。

ロボット審判はベースボールの100数十年にわたる伝統を覆すものだ。しかし、いまや微妙な判定については、瞬時にリプレイ画像が球場内のビデオボードや各家庭へのテレビ中継で繰り返し流される時代だ。それでもなお「誤審もゲームの一部」と言い続けるのは無理があるように思える。実際、「審判のコールが最終にして絶対」という伝統も、2008年のホームラン判定でのビデオリプレイ参照開始や、2014年のチャレンジシステムの導入により終焉を迎えた。近い将来MLBでロボット審判が主流になっても(その可能性は極めて高いと思う)、判定の精度が向上し、その結果無駄な抗議が減るだけだ。明確に失うものは、ノスタルジーだけではないか。

豊浦 彰太郎

2/2ページ

最終更新:10/21(月) 13:11
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事