ここから本文です

【動画】SUV風でスライドドアが新感覚! ホンダ新型「フリード クロスター」登場

10/21(月) 17:11配信

くるまのニュース

SUVでスライドドアのモデルはありそうでなかった!?

くるまのニュース

 ホンダのコンパクトミニバン「フリード/フリード+」がマイナーチェンジし、2019年10月18日に発売されました。

人気のフリードにSUVの「クロスター」登場! 詳細画像でチェック(40枚)

 人気のコンパクトミニバンにSUVテイストを加味した新グレード「クロスター」が追加されるなど注目の新車です。

新型フリードは、どのようなクルマになったのでしょうか。

 コンパクトミニバンは、いま注目を集めているジャンルです。自販連が発表する登録車の月間新車販売台数では、同じコンパクトミニバンでライバルとなるトヨタ「シエンタ」が2019年8月に1位を獲得。首位になるのは、ミニバンとして初めての快挙でした。

 フリードも人気上位のままマイナーチェンジをむかえ、コンパクトミニバンは今後ますます注目されます。

 コンパクトミニバンは、コンパクトなサイズ、スライドドア、ミニバンという取り回し性と使い勝手を良さが人気を高めています。

 またフリードは、ガソリン車/ハイブリッド車、2列シート車/3列シート車、2WD/4WDといった、多彩なバリエーションが設定され、使い方に応じて選択することができます。

 さらに新型フリードでは、近年人気のSUVテイストを加えた新しいグレードであるクロスターが投入されます。

 SUVは世界的に人気ですが、ボディサイズが大きいモデルでは、道幅が狭い日本では使い勝手が悪いことがあります。

 そのため、昨今では軽自動車やコンパクトカーといったモデルに、SUV風やクロスオーバースタイルの派生車を追加することが増えています。

 SUVテイストのクロスターは、国内で人気のスライドドアとSUVスタイルを兼ね備えた点が特徴です。アウトドアを意識した装備なども盛り込まれており、新型フリードのなかでも今後の売れ行きが注目されます。

 フリードの開発責任者である本田技術研究所の田辺正氏は、次のように述べています。

「SUVのテイストを持ったスライドドアのクルマが、ありそうでありませんでした。ミニバンの機能を持ちながらSUVテイストのグレードを、いつかフリードに追加したいと思っていました」

 ※ ※ ※

 新型フリードの価格帯は、車両本体価格(消費税込)で、フリード(3列シート車)が199万7600円から279万8400円、フリード+(2列シート車)が218万2400円から282万400円、フリード クロスターが238万400円から301万8400円、フリード+ クロスターが240万2400円から304万400円です。

くるまのニュース編集部

最終更新:10/21(月) 19:08
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事