ここから本文です

Dan D’Agostinoから、究極のプリアンプ「MOMENTUM HD PREAMPLIFIER」が発売決定。6年ぶりに、内部回路すべてを刷新するグレードアップを実現

10/21(月) 17:33配信

Stereo Sound ONLINE

 アクシスでは、アメリカのハイエンドオーディオブランド、Dan D’Agostino(ダン・ダゴスティーノ)の新製品「MOMENTUM HD PREAMPLIFIER」の販売を開始すると発表した。価格は¥6,500,000(税別)で、10月の発売予定。カラーはブラックとシルバーを準備している。

 Dan D’Agostinoブランドのデビュー作となったモノーラル・パワーアンプ「MOMENTUM Monoblock M300」は、その後「M400」へとグレードアップされ、そのポテンシャルを不動のものとしました。次いでリリースされたステレオパワーアンプ「S200」も「S250」へと進化している。

 それらと対をなすプリアンプ「MOMENTUM PREAMPLIFIER」は2013年に登場。そのユニークなデザインと巧みなコンストラクションで、存在感を放っていた。今回登場したMOMENTUM HD PREAMPLIFIERは、初代機のコンセプトとコンストラクション、優美なデザインを継承しながらも、6年ぶりに内部回路すべてを刷新するグレードアップを実現。圧倒的なS/Nとダイナミックレンジ、豊かな情報量による奥深い音の表現力を身につけたという。

MOMENTUM HD PREAMPLIFIERの新テクノロジー

<オーディオ回路>
●新フロントエンド/ボリュウムコントロール基本構成はこれまでと同様にコンプリメンタリー/バランス仕立て、ゼロ・フィードバック回路とし、オペアンプを使わず完全ディスクリートで組み上げられているが、フロントエンドを新しいコンプリメンタリー・ディスクリート方式による差動FET入力ステージとなっている。
 その結果、入力インピーダンスは1MΩ以上に押し上げられ、ソース機器の出力インピーダンスと接続ケーブルのインピーダンスやキャパシタンスなどの物理的ファクターがオーディオ信号に及ぼす影響を回避させ、入力信号の純度を一切損なうことなく等身大に保つことが可能になった。

●MOMENTUM HD PREAMPLIFIERの、ファイナル出力ゲインステージ回路への駆動供給電圧は、MOMENTUM PREAMPLIFIERより36%もアップした。この駆動電圧の増強は、スルーレートとダイナミックレンジをさらに高めている。ディテイルと繊細な音楽の陰影の表情と圧倒的な押し出し感を、ナチュラルに、豊かな音楽性をもって、再現しつくすファイナルステージを構成している。

<電源回路>
●出力ステージへの供給電圧アップに呼応して、セパレート電源ユニット内部も全面的に刷新。電源トランスにはM400で採用された独自の巻線 技術が投入され、サイズをほとんど変えることなく供給電力を従来の33%も強大化している。電源供給ラインはオーディオ回路と制御回路を分離し、 相互干渉を徹底排除。さらにAC電力線からのRFノイズのフィルタリング、非対称電力波形とDCの補償もこれまで同様に行なわれている。

<重厚なシャーシ構造>
●MOMENTUMシリーズ・パワーアンプと同様に、分厚いアルミブロックを丹念に削り出した重厚なシャーシに、拘り抜いた先進回路技術を投入し、一台一台アリゾナの自社工場で手造りされている。

<斬新なボリュウム調整機構>
●中央のメーターは、周囲のリングを回すことでボリュウムを調整でき、ボリュウムレベルをメーターの針で示すというアナログライクで快適な操作フィーリングを生み出している。ボリュウム調整機構には、光コントローラーによるリレー制御によってラダー抵抗を切替える回路をバランス構成し、全ボリュウムレベルに対してクリーンで高い透明度を確保している。

<セパレートパワーサプライ>
●膨大な電力供給能力を擁する電源部は、本体から完全に切り離されたアルミブロック削り出しの別筐体に収容。電源トランスはアンプセクション用とコントロール系統用のデュアル構成とし、アンプ用の二次側はL/Rが完全分離されている。センシティブな本体との完璧なアイソレーションによって電磁的干渉を極限にまで追放し、パワフルで安定した電源供給を果たす。このパワーサプライは本体の下に位置させたデザインによって、安定した重心を与えるとともに、本体からのスパイクを受け、優れたインシュレーション効果も発揮する。


 また今回、MOMENTUM PREAMPLIFIERからMOMENTUM HD PREAMPLIFIERへのアップグレードサービスも行なわれる。サービス開始は10月中旬以降で、価格は¥1,400,000(税別、工賃込み、送料は片道分の実費をアクシスが負担)。アップグレードの内容は以下の通りとなっている。

<主なアップデート内容>
●オーディオ回路基板6枚(フロントエンド基板L/R、ボリュウム基板L/R、ファイナル出力ゲイン基板L/R)、ロジックコントロール基板、リモート送受信基板をMOMENTUM HD PREAMPLIFIERと同一基板に全面交換
●レギュレーター基板や電源トランスなどをMOMENTUM HD PREAMPLIFIERと同一基板に全面交換
●トーンコントロール部とシャーシー/フロントパネルなどの外装は変更されない。

「MOMENTUM HD PREAMPLIFIER」の主なスペック

●接続端子:バランス入力6系統、バランス出力2系統(どちらもXLR端子で、2番Hot)
●S/N:-105 dB
●ゲイン:+13 or +19 dB
●入力インピーダンス:1MΩ
●出力インピーダンス:10Ω
●消費電力:25W (スタンバイ時1W未満)
●寸法/質量:W432×H200×D450mm/45kg

最終更新:10/21(月) 17:33
Stereo Sound ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ