ここから本文です

ミニマリズムを体現するドイツの時計ブランドが日本の四季を意識した限定モデルを発表

10/21(月) 17:30配信

WATCHNAVI Salon

高品質なモノ作りで定評のあるドイツにおいて、古くから時計産業が根付いた東ドイツ発のブランド「ノモス グラスヒュッテ」から、日本限定モデルが発表された。「Four Seasons(四季)」と名付けられた本コレクションは、日本の伝統工芸技術を用いたドイツ×日本の“合作”といえる特別な逸品となっている。

日本の四季をイメージした4つの限定ウオッチ

今年、ドイツの芸術や産業に多大な影響を与えた美術学校、「バウハウス」が創立100周年を迎えた。ノモス グラスヒュッテもまた、バウハウスのデザイン哲学を受け継ぐ時計ブランドであり、来年2020年は同社にとって創立30周年という節目を迎える。かつて時計師3人からスタートし、いまやドイツ国内随一の生産力を誇る時計メーカーへと成長したノモス グラスヒュッテは、記念すべき2019-2020年に向けて、ドイツの伝統的な時計作りとバウハウスのスピリット、そして親愛なる日本の伝統工芸とを融合したプロジェクトを進めてきた。

今回リリースされる日本限定モデルは、アイコニックな「タンジェント」をベースとし、日本の四季を「秋・茜」、「冬・屋久杉」、「春・槐樹(えんじゅ)」、「夏・藍」で表現。ダイアルのミニッツマーカー部と、カーフストラップ(日本に古くから伝わる草木染めで仕上げられた)にキーカラーが使われている。

タンジェント「秋・茜」

Ref.TN33AKI 26万9500円
紅葉や秋の夕焼けをイメージした茜色をダイアル外周部とカーフストラップに配色。ゴールドカラーの針が秋の温かみをイメージさせる。
スペック:手巻き。ステンレススチールケース。直径32.8mm。3気圧防水。限定40本。発売中。

タンジェント「冬・屋久杉」

Ref.TN35FUYU 28万6000円
屋久杉の力強さをイメージした冬は、落ち着きのある上品なグレーを採用。屋久杉の葉と家具などを作る際に出る杉の廃材を用い、何日もかけて煮出した染液をカーフストラップの染めに使っている。
スペック:手巻き。ステンレススチールケース。直径35mm。3気圧防水。限定100本。発売中。

1/2ページ

最終更新:10/21(月) 17:30
WATCHNAVI Salon

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事