ここから本文です

マンチェスター・U逃げ切れず…リヴァプールは終盤に追いつくも連勝ストップ!

10/21(月) 2:23配信

GOAL

現地時間20日、イングランド・プレミアリーグ第9節では首位リヴァプールが敵地オールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッドと対戦した。

2010年代のプレミアリーグ・ベスト11決定! 過去10年を代表するスター選手が揃う

リーグタイトル獲得数の1位と2位を争うライバル同士による「ノースウェスト・ダービー」だが、開幕から8戦全勝で首位を快走するリヴァプールに対し、ユナイテッドはわずか2勝の12位と低迷。ポール・ポグバら主力の負傷離脱も相次ぎ、オーレ・グンナー・スールシャール監督への風当たりも強くなっている。いよいよもってスールシャール監督の進退問題も騒がれ始めた中、因縁のダービーの火ぶたが切られた。

立ち上がりから“いつもと違うな”と感じさせたのは、ホームのユナイテッド。球際で激しくボールを奪いに行き、元々インテンシティの高いリヴァプールに対して互角以上の攻防を見せる。モハメド・サラーを欠くリヴァプールはディヴォック・オリギが代役として出場するが、非常に高い集中力を発揮しているユナイテッド守備陣を前に思う様に決定機を作ることができない。

34分、右サイドを抜けたサディオ・マネの折り返しを、ゴール前でロベルト・フィルミーノが合わせるもGKダビド・デ・ヘアがキャッチ。36分には、マネのキープからジョーダン・ヘンダーソンの右クロスをフィルミーノが頭で合わせる。しかし、ここでもGKデ・ヘアのファインセーブが飛び出し、オフサイドの判定となった。

一方、カウンターからチャンスを見出したいユナイテッドは36分、自陣でヴィクトル・リンデルフがオリギからボールを奪うと、カウンターが発動。右サイドをダニエル・ジェームズが抜け出し、折り返しをゴール前でフリーとなっていたマーカス・ラッシュフォードが合わせてユナイテッドが先制する。リヴァプールはオリギがファールを受けたと抗議するが、VARの結果、ゴールが認められた。

先制を許したリヴァプールは43分、ロングボールを最前線で受けたマネがリンデルフと競り合いながらもボールをコントロールし、そのままネットを揺らす。しかし、これはVARの結果、ボールコントロールの際にハンドがあったとしてノーゴールとなった。

ユナイテッドが1点をリードして迎えた後半、追いかけるリヴァプールは60分にオリギを下げてアレックス・オックスレイド=チェンバレンを投入。70%近いボールポゼッションでユナイテッドを押し込んでいくが、依然としてゴール前を崩すまでは至らず、なかなかシュートチャンスが作れない。

すると67分、耐える展開のユナイテッドがカウンターから決定機。右サイドを抜けたアンドレアス・ペレイラのサイドチェンジを受けたラッシュフォードがカットインして右足を振り抜く。ジェームズの左へ流れる動きにつられて空いた中央を上手く使ったラッシュフォードだったが、シュートはゴール左へとわずかに外れる。

71分、ヘンダーソンに代えてアダム・ララーナを投入したリヴァプールだが、依然として高い保持率を維持しているものの、守備意識の高いユナイテッドのゴール前に侵入することができない。82分にはジョルジニオ・ワイナルドゥムに代えてナビ・ケイタを投入し、最後の交代枠を使う。

ユナイテッドも84分、ラッシュフォードに代えて負傷明けのアントニー・マルシャルが復帰。役割は変わらず、5-4-1の1トップでカウンターに備える。

しかしその直後、スールシャール監督の逃げ切りプランは崩れてしまう。左サイドに開いたアンドリュー・ロバートソンのアーリークロスをニアサイドのフィルミーノがスルー。ファーポストでフリーとなっていたララーナが難なく押し込み、リヴァプールが同点に追いつく。

アディショナルタイムの5分間も攻め続けたリヴァプールだが、ユナイテッドもこれ以上の失点は許さず。互いに勝ち点1を分け合う結果に終わり、開幕から続いていたリヴァプールの連勝は「8」でストップ。昨シーズンから続いていたリーグ連勝記録も「17」で終わることとなった。

■試合結果
リヴァプール 1-1 マンチェスター・U

■得点者
リヴァプール:ララーナ(85分)
マンチェスター・U:ラッシュフォード(36分)

最終更新:10/21(月) 2:26
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事