ここから本文です

毎年恒例のハロウィーン、増加する「否定派」のホンネを聞いてみた

10/21(月) 17:30配信

アーバン ライフ メトロ

ハロウィーン「参加したい」、過去5年で最低に

 2019年の「ハロウィーン」への参加について、消費者アンケートを実施しました。

 ご存知のとおり2018年、渋谷ではこの時期に軽トラックを倒す騒動が発生するなどし、2019年6月に渋谷区議会が場所・期間限定で路上での飲酒を禁止する条例を可決(罰則規定はない)しました。

【画像】2019年も都心はお祭り騒ぎか? ハロウィンイベントを伝えるド派手な告知の数々

 この結果、2019年以降毎年「ハロウィン本番の10月31日と11月1日」と、「ハロウィン前週の10月24日~30日のうち金・土・日曜日」、さらに「年越しのカウントダウンで人が集まる12月31日と1月1日」も、渋谷駅周辺など一部地域で路上での飲酒が禁止となりました。

 こうしたニュースが、このところ加熱傾向にあった「ハロウィーン」に少なからず影響を与えているのかもしれません。「ホットペッパーグルメ外食総研」では、2015年から毎年、首都圏・東海圏・関西圏の約1万人に「ハロウィーン」行事への参加予定についてインターネット調査を行っていますが、2019年の調査ではハロウィーンイベントへの参加意向が過去5年で最低となりました。

 2019年のハロウィーンイベントに参加するかどうかを聞く問い(※)では、「参加したい」と答えた人の割合は3圏域の合計で21.2%。2018年の参加予定者が22.6%だったのに対し、1.4ポイント微減しています。

 コスプレや仮装についてもやや停滞傾向のよう。上記の参加予定者に、ハロウィーンイベントへ仮装して参加するかどうか聞いたところ、仮装予定者は36.9%でした。これも、この項目の調査を開始した2017年以来で最も低い数値にとどまっています。

 ただし年代・性別ごとに見ると、30代女性では参加予定者のうち52.8%の半数以上が仮装で参加したいとしており、ほかの性年代より仮装の意向が高いことが分かります。


※2019年に参加したい、ハロウィーンに関連した飲食・パーティー・イベントで「自分が企画・呼びかけしようと思っているもの」「企画はしないが参加しようと思っているもの」の、いずれかに「参加したい」と回答した人を集計。

1/3ページ

最終更新:10/21(月) 18:03
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事