ここから本文です

【動画解説】台風直撃なくても大雨に警戒 ダブル台風発生中

10/21(月) 12:36配信

ウェザーマップ

 現在、台風20号と21号、二つの台風が発生しています。そのうち台風20号はこのあと温帯低気圧に変わりますが、秋雨前線と合体して局地的に大雨をもたらすおそれがあります。
 また、被災地でも雨が予想されていますので、引き続き、警戒が必要です。

 まずは台風21号。今後も発達しながら北上しますが、週後半には東へカーブするような進路となるため、日本列島に直撃するようなことはなさそうです。ただ、太平洋沿岸では次第に波が高くなりますので、船舶などは注意が必要です。

 一方、台風20号は厄介で、今後は温帯低気圧に変わりながら北上しますが、台風の進行方向には前線が停滞しています。その前線に取り込まれるような形となるため、前線+台風(もしくは温帯低気圧)のまとまった雨雲がかかり、局地的に大雨になるおそれがあります。

 きょう21日(月)の夜からは四国や近畿、東海を中心に活発な雨雲がかかり、雷を伴って激しい雨の降る所がありそうです。
 あす22日(火)にかけては、台風19号の被災地でもまとまった雨雲がかかって、雨脚の強まる所があるでしょう。被災地では少しの雨でも危険な状況が続いていますので、引き続き警戒が必要です。

 今週は晴れが長く続くのは沖縄くらいで、全国的に雲が広がりやすくなりそうです。湿った空気の影響で不安定な天気となり、雨マークのない所でもにわか雨の可能性があります。
 また、日中の気温はこの時季としては高めですが、東京は日ごとの気温変化が大きくなりそうです。服装えらびや体調管理にお気をつけください。

(気象予報士・多胡安那)

最終更新:10/21(月) 13:18
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事