ここから本文です

藤原ヒロシ、サカナクション『新宝島』の歌詞を勘違い「彼女を北海道に連れて行く歌だと…」

10/21(月) 17:01配信

J-WAVE NEWS

藤原ヒロシが独自の視点で選んだアートやデザイン、ファッションのトピック、そしてジャンルレスなミュージック・セレクトを届けている『JUNTHE CULTURE』(毎週土曜14:10-14:30)。10月14日(月・祝)は、そのDeluxe Editionを3時間にわたってオンエアした。藤原ヒロシのDJ MIXや、ライブのリハーサルの音源、そして、この番組のために制作したリエディットや、新曲の初出しオンエアなどを、CDのDELUXE EDITIONのように、ここでしか聴くことのできないレアな音源をを紹介した。

サカナクション・山口が「絶対に結婚できないですよ(笑)」と語った理由は?

藤原ヒロシ、サカナクション『新宝島』の歌詞を勘違い

オンエアされた楽曲のひとつが、『新宝島(リハーサルトラック)』(radikoで聴く/2019年10月21日28時59分まで)。近年、サカナクション主宰の NF Recordsからも楽曲をリリースしている藤原は、そこからサカナクションの曲をライブでカバーするようになり、同曲に関するエピソードを明かした。同曲のサビで「丁寧に」という言葉が繰り返されるのを聴いた藤原は......。

藤原:僕はね、初めて『新宝島』を聴いたときに歌詞カードを見なかったので、ずっと彼女を“手稲(ていね)“(北海道・手稲市)に連れていく歌だと思ってたんですよ。それは、山口くんが北海道出身だし、僕もサッポロテイネスキー場のことをよく知ってたので、「ああ手稲に連れていく歌なんだな」と。「さすが山口くん面白い歌詞書くな」って、本当にそう思ってたんですけど、よくよく聴くと「あっこれ丁寧って言ってんの?」と思って。なので僕はカバーをするとき、「丁寧」を丁寧に歌った結果、こういうバージョンになったんですね。

『JUNE』の制作エピソード

この夏、渡辺シュンスケとのライブを行った際のリハーサル音源『JUNE(リハーサルトラック)』(radikoで聴く/2019年10月21日28時59分まで)もオンエア。渡辺は、著名ミュージシャンのサポートとして活躍するほか、自身もSchroeder-Headzとして活動するキーボーディストだ。

藤原は6年前に発表されたこの曲のタイトルについて語った。

藤原:『JUNE』っていう曲はですね、普通に自転車で走ってたらゲリラ豪雨に遭遇したっていう歌で。最終的なタイトルは「JUNE」だったんですけど、それまでは「ゲリラ豪雨」って曲名だったんです。あの頃「ゲリラ豪雨」って言葉が出てきた頃だったんですかね。それまで晴れてたのに急に土砂降りの雨にやられて、全てびしょ濡れになって、バッグに入れてた資料とかが台無しになってしまった......。なんとなく人生はこういうことの繰り返しなのかな、と思って作った歌でした。

1/2ページ

最終更新:10/21(月) 17:01
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事