ここから本文です

【動画】台風20号 温低化も警戒 東日本を中心に大雨のおそれ(21日19時更新)

10/21(月) 18:55配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 22日(火)は東日本や東北を中心に広く雨で、局地的に大雨になるおそれがあります。台風19号の被災地でもまとまった雨になるおそれがあり、警戒が必要です。

 台風20号は温帯低気圧に変わりましたが、低気圧は前線を伴って本州付近を通過するため、東日本や東北を中心に雨と風が強まります。

 21日(月)の夜から22日(火)にかけては、近畿から東日本、東北へとまとまった雨雲が広がり、局地的には雷を伴って、激しい雨が降る見込みです。
 22日(火)の夕方までに予想される雨量は、多い所で東海で300ミリ、近畿・伊豆諸島・関東甲信で150ミリ~200ミリなどとなっています。特に被災地では少しの雨でも危険な状況となっていますので、引き続き、警戒が必要です。

 また、東海や近畿、四国では強風や高波にも注意が必要となります。

 朝の最低気温は、全国的にこの時季としては高めの所が多いでしょう。
 日中の最高気温は西日本では25℃以上の夏日になる所がありますが、雨が降る東日本や東北は朝からあまり上がらず、
昼間も空気が冷たく感じられそうです。
 なお、強い台風21号は今後も発達しながら北上しますが、次第に進路を東よりに変える見通し。
日本列島への大きな影響はなさそうです。(気象予報士・多胡安那)

最終更新:10/21(月) 19:11
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事