ここから本文です

岡野瑞恵さん伝授のリップメークで40代の唇悩みを払拭!

10/21(月) 12:01配信

magacol

いつもはツヤツヤに仕上げているという口紅の質感を旬のマットに替えて、肌色がくすまずキレイに見える柿色にトライ。美ST世代は唇自体が痩せて、輪郭も曖昧になってきますが、そんな悩みもリップの力で払拭できますよ。いつもより少しだけ丁寧なリップメークを心がければ仕上がりも美しく印象的に。和田さんは端正な顔立ちで華やかな印象なので、すべてのパーツを完璧にしすぎると、メーク感が強く出て、やりすぎな印象に。カジュアルなスタイルにフルメークはアンバランス。メークはすべてを完璧に作りこもうとするのではなくあ、どこかポイントを決めておくとバランスが取りやすくなります。口紅1本でも自分の新たな魅力に出合うきっかけになるかもしれません。

【今月のテーマ】マットリップ

季節が移り変わる時はメークも更新したくなるもの。そんな時こそ、リップを新調してみて。唇は小さなパーツながらハッとするほど印象が変わります。
また、大人の唇にマットは無理と思っている人ほど試してみてください。
旬の質感や色をメークに取り入れるとずっと素敵に変われるはずです。

\使用アイテム/

柿色のリップは肌がくすまず大人にハマる今季の流行色。
マットな質感で洗練された口元に

Dior ルージュ ディオールウルトラ リキッド707

肌を美しく見せるシックな色み。セミマットな質感で見たままに発色するのでこれ1本で今っぽく。つけるほどに高いケア効果で唇をふっくら整えます。¥4,200/パルファン・クリスチャン・ディオール

リップのOkano’s Point!

1.流行のブラウンは薄づきのセミマットで顔色を沈ませない柿色

2.唇の両サイドはきっちりラインを取り、中央はふんわり馴染ませる

3.均一にベタ塗りせず細部や厚みを丁寧に仕上げる

【今月の美魔女】和田ゆうこさん(45歳)

いつものメーク!

丁寧にメークしているつもりが、パーツが強張されて……。「宝塚っぽい」って言われることも。褒め言葉のようで、実は舞台メーク並みに濃いってことですよね(涙)。

1/2ページ

最終更新:10/21(月) 12:01
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事