ここから本文です

【MLB】バーランダー、シャーザー、サンチェス 元同僚トリオがWSに臨む

10/21(月) 17:35配信

MLB.jp

 アストロズとナショナルズによるワールドシリーズは、強力先発陣を擁するチーム同士の対戦として注目を集めている。その先発陣のなかで、アストロズのジャスティン・バーランダー、ナショナルズのマックス・シャーザーとアニバル・サンチェスは、2012年にア・リーグ王者となったタイガースのチームメイトだった。先発ローテーションの順番次第では、2012年ア・リーグ優勝メンバーによる投げ合いが実現する可能性もありそうだ。

 2012年のタイガースでは、バーランダーが17勝、シャーザーが16勝を挙げ、7月にマーリンズからトレードで加入したサンチェスも4勝どまりながら3点台の防御率をマーク。タイガースは、この3人にリック・ポーセロ、ダグ・フィスター、ドリュー・スマイリーを合わせた強力先発陣でア・リーグを制し、ワールドシリーズまで駒を進めた。ワールドシリーズではジャイアンツの前に4連敗で敗退したものの、バーランダーが第1戦、サンチェスが第3戦、シャーザーが第4戦でそれぞれ先発のマウンドに立った。

 それから7年の時が過ぎ、バーランダー、シャーザー、サンチェスの3人は2つのチームに分かれてワールドシリーズで対戦することになった。もしバーランダーが先発する試合でシャーザーまたはサンチェスが先発することになれば、以前のワールドシリーズでチームメイトだった投手同士が別のワールドシリーズで投げ合うのは、2003年にヤンキースでチームメイトだったホゼ・コントレラスとロジャー・クレメンスが2005年のワールドシリーズでそれぞれホワイトソックス、アストロズの先発投手として投げ合って以来史上2度目のこととなる。

 2012年にタイガースで投手コーチを務めていたジェフ・ジョーンズは「どちらのチームに勝ってほしいかを選ぶのは難しいね。彼ら3人全員が良いピッチングをしてくれることを願うよ」とかつての教え子たちにエールを送る。2012年ア・リーグ優勝メンバーである3人のピッチングは、ワールドシリーズの行方を大きく左右することになるだろう。

最終更新:10/21(月) 17:35
MLB.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事