ここから本文です

キモかわいい謎の深海生物「ダイオウグソクムシ」が脱皮 世界初の未知の領域へ色めき立つ 三重・鳥羽水族館

10/21(月) 14:00配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 謎の深海生物「ダイオウグソクムシ」の生態は解明されるのでしょうか?体の半分を見事に脱皮したダイオウグソクムシ。残る前半を脱皮すれば、まさに世界的な快挙に。水族館は色めき立っていました。

 世界でもとても珍しいという現象が見られたのは、三重県鳥羽市にある「鳥羽水族館」。

「きれいだよね、半分に真っ二つに分かれてるから」
「すごく貴重なやつ見られました」(来館客)

  “貴重”だというその正体は、体の前後で白と黒がはっきりと分かれているダイオウグソクムシの「No.23(にじゅうさんごう)」。実は10月13日、後ろ半分が“脱皮”しました。

 “キモかわいい深海生物”として根強い人気がある、ダイオウグソクムシ。9月始めから体の色が2色に分かれ始め、脱皮が近いのでは?と飼育員だけでなく熱心なファンからも注目の的となっていました。

 ところが、取材班が9月下旬に伺った時には…

「この3連休(9月21日~23日)くらいに脱皮するんじゃないかなって予測を立てたんですけど、今はその三連休を過ぎて、いつになるのか分からない」(鳥羽水族館 森滝丈也さん)

 生態がナゾに包まれている、ダイオウグソクムシ。脱皮もこれまでに世界で4例しか確認されておらず、うち2例が鳥羽水族館。生涯で何度脱皮するのか、1回にどのぐらいの時間を要するのかも分かっていません。

 やきもきした状態が続くこと1か月以上…。ついに脱皮したとの情報が入ってきたのです。

 前回取材した様子と比べると、脱皮した後ろ半分はツヤツヤとした黒色に。前日からの動きに変化があったといいます。

「(脱皮の前日は)後ろをぎゅっと丸めるようにして、前半分で力を入れて構えるような形。ようやくという感じですね」(鳥羽水族館 森滝さん)

 待ちに待った、貴重な瞬間。後ろには、足の節々まできれいに保たれた抜け殻が。これで、世界5例目の脱皮確認です!

ただ…?

「脱皮の様子は撮れている?」(記者)
「撮れてないんです」(鳥羽水族館 森滝さん)

 世紀の瞬間を、まさかの撮り逃し。

「朝来て撮影できるかなと思っていた。もし脱いでも(途中からなら間に合うと)。今回はすごくスムーズに脱いだみたいで、朝来たらもう完全に脱げてしまっていて…もう終わっていた感じ」(鳥羽水族館 森滝さん)

 あまりにスムーズすぎたという脱皮。しかし、これが次の快挙へとつながるかもしれません。

 実は過去の脱皮4例で成功しているのは、全て後ろ半分のみ。どの個体も、前半分の脱皮が終わる前に死んでしまっています。それでも、後ろ半分の脱皮がスムーズだったものの方が、長く生きられました。

 今回の脱皮はそれよりもさらにスムーズで、抜け殻もきれいに残ったため、前半分の脱皮までこぎつけるのではないかと期待がかかります。

「前半分が脱げるということは、今まで報告がないので。(前半分も脱皮すれば)初めての事例になります、世界初ということで。これからは未知の領域、まだわかってない。どういうふうになるのかドキドキですね」(鳥羽水族館 森滝さん)

中京テレビNEWS

最終更新:10/21(月) 14:49
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ