ここから本文です

「クロップは肉が欲しかったが、もらったのは魚だ」“モウリーニョ節”でリヴァプールの弱みを分析

10/21(月) 7:26配信

GOAL

「低い位置で構える相手に弱みを見せることがある」

前マンチェスター・ユナイテッド指揮官であり、現在イギリス『スカイスポーツ』の解説を務めるジョゼ・モウリーニョ氏が、リヴァプールの課題を指摘している。

20日に行われたプレミアリーグ第9節で、リヴァプールは敵地でマンチェスター・Uと対戦。ここまで開幕8連勝としていたリヴァプールは、36分にマーカス・ラッシュフォードに先制点を許したものの、85分に途中出場のアダム・ララーナが同点弾を挙げて、1-1のドローで試合を終えた。この結果、開幕からの連勝と昨シーズンから続くリーグ戦の連勝がストップ。さらに、2位マンチェスター・シティとの勝ち点差が「6」に縮まっている。

この一戦を解説したモウリーニョ氏は、クロップ監督はオーレ・グンナースールシャール監督のプラン、そして3バックシステムに悩まされたと言及した。

「(クロップは)メニューが気に入らなかった。肉が欲しかったが、もらったのは魚だった」

「彼らはカウンターの機会を与えてくれる相手との対戦を好む。もちろん、ユナイテッドは現時点で制限があるため、違う試合を準備した。トランジションを止めようとし、3バックは常にコンパクトだった。リヴァプールはこのメニューが好きではない。彼らには低いブロックを崩すクオリティが不足している」

そして、「彼らが勝利を逃したことはうれしいと認めざるを得ないよ。記録は私のものだからね」と、チェルシー在任時の2005-06シーズンに自ら達成した開幕9連勝に及ばなかったことを冗談めかして喜んでいる。

続いて、リヴァプールの問題は相手が引いて守ったときの攻撃パターンにあると指摘している。

「時々、彼らは低い位置で構える相手に弱みを見せることがある。素晴らしい結果を手にしているが、時々制限をかけられながら勝っている。自分たちが戦いたいやり方で、相手を粉砕することはできる。だが、ユルゲンは明らかにフラストレーションを感じているだろう。オールド・トラッフォードは、リヴァプールにとって勝利するための特別な場所ではあるが、達成したことはない」

連勝が止まったリヴァプールは、23日にチャンピオンズリーグでヘンクと対戦。そして27日のリーグ戦第10節では、トッテナムを本拠地アンフィールドに迎える。

最終更新:10/21(月) 7:26
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事