ここから本文です

ラグビー日本代表、“屈辱と涙”の30年史 憧れの日本代表が「公開処刑された日」

10/21(月) 12:10配信

AbemaTIMES

 日本で行われているラグビーW杯日本大会で史上初となる8強入りを果たすも、20日の準々決勝で世界ランキング4位の南アフリカに「3-26」で敗戦。4強進出という新たな歴史を作ることは叶わなかった日本代表(同6位)。しかし、多くのインパクトを残した日本代表の快進撃を受け、元ラグビー日本代表で現役最年長記録を持つ伊藤剛臣氏が、ラグビーW杯にまつわる日本代表「屈辱と涙の30年」を振り返った。

【映像】ラグビー日本代表が「公開処刑された日」

 1987年に第1回大会が開催されたラグビーW杯だが、当時高校1年生だった伊藤氏は時を同じくしてラグビーを始めることになる。招待されて出場した日本代表は全敗だったが、当時絶大な人気を誇ったTBSのスポ魂ドラマ『スクールウォーズ』などの影響もあり、競技人口は最も多い時期だったという。

 しかし現実は厳しい。1991年のW杯ではジンバブエを相手に「52-8」で悲願の1勝を挙げたものの、続く1995年大会では“オールブラックス”の愛称で知られるニュージーランド代表を相手に、前後半で合計21個のトライを奪われ「17-145」という歴史的惨敗を喫してしまう。

「あまりのショックに、テレビで試合を観戦した後に洗面所で嘔吐しました」

 伊藤氏のエピソードも衝撃的だが、ラグビーファンにとってはそれほどショックが大きく、さらに伊藤氏は「憧れの日本代表が、世界に向けて公開処刑されてしまったんです」と当時の悔しさを語った。

 ラグビーW杯の最多失点という不名誉な記録により、「日本のラグビーは弱い」といった評価が世界で定着した翌年、1996年に伊藤氏は初めてラグビー日本代表に選出された。その後、日本ラグビーのプライドを取り戻す戦いを協会と選手が一丸になって開始する。伊藤氏自身も1999年にウェールズで行われたW杯、さらに2003年のオーストラリアで行われたW杯に日本代表として出場を果たしている。いずれも白星を挙げることはできなかったというが、2003年大会、スコットランドやフランスとの対戦において「我々、日本代表は頭からタックルで突き刺さっていったんです」と伊藤氏。その勇猛果敢な姿勢が、世界の評価を変えるきっかけとなった。

1/2ページ

最終更新:10/24(木) 6:14
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事