ここから本文です

乃木坂46・齋藤飛鳥が言われてテンションが上がる言葉とは?

10/21(月) 17:12配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『POP OF THE WORLD』(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY'S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーだ。10月19日(土)のオンエアでは、タクシーに乗るときの英会話を学んだ。

乃木坂46・齋藤飛鳥「引かれるのかなと思って」

2年連続となる上海公演!

齋藤からの挨拶「Morning morning!」(おはよう!)でスタート。乃木坂46は、10月25日(金)・26日(土)に中国「上海メルセデス・ベンツ アリーナ」にて2年連続となる上海公演「NOGIZAKA46 Live in Shanghai 2019」を開催する。

齋藤:前回は1日だけだったんですけど、お客さんもたくさん入ってくれました。そのときは上海公演が初めてだったので、みんな緊張していて、リハーサルも入念に行いました。でも「この曲は日本だとこう盛り上がるけど、海外だと知られていないからもっと煽らなきゃいけない」とか、初歩的なことに挑戦したり改めてやらなきゃいけないと思えたりして、私は海外に行くのが好きですね。
ハリー:日本語で話しかけるの?
齋藤:日本語でMCして通訳さんが訳してくれるんですけど、日本語だけでもリアクションしてくれます。近づこうとしてくれてうれしいです。
ハリー:中国語のMCもするかもしれない?
齋藤:するかもしれないですね。

日本人が多用する「かわいい」、英語では?

リスナーから届いた質問「日本人が多用する『かわいい』という言葉。食べ物やおじさんに対して使用するとき、英語では『cute』なのですか? また、『キモかわいい』は英語でなんというのでしょうか」に、ハリーが答えた。

ハリー:これは英語でも同じなんですよ。何に対してでも「Oh my god, so cute!」って言う人はいます。ただ、男の子への「cute」は「かわいい」のほか「かっこいい」という意味もあったりします。だから「cute」という言葉はよく使われます。「キモかわいい」という言葉はないんですけど、単純に「Crazy」や「Cool」という言葉でごまかすかな。飛鳥ちゃんは、何に対してでもかわいいって言うタイプではないよね。
齋藤:言わないかも。ファッション誌(の撮影)とかで、こっちのテンションを上げるためや現場の空気をよくするために「かわいい」って言われがち。それはかわいくてもかわいくなくても言ってくれるものだと思っているから、あまり信用してない。ありがたく受け取りますけど。
ハリー:わかるよ。士気を上げるために。
齋藤:そうです。それは大事なことなので、すごくありがたいと思います。そういう文化もあるので。自分が「かわいい」って言うときは、本当に思ったときしか使わないかもしれないですね。
ハリー:飛鳥ちゃんにはなんて言えばいいのかな。撮影のときに「So fashion!」「So hot!」「So amazing!」とか。
齋藤:(笑)。海外の方って「Perfect」「Amazing」ってよく言ってくれる。
ハリー:そうそう。海外のカメラマンさんが特にね。
齋藤:それはわりとテンションが上がります。言っていただくのはありがたいですね。
ハリー:語彙力は大切ですね。

1/2ページ

最終更新:10/21(月) 17:12
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事