ここから本文です

メキシコの強豪クラブ・アメリカがソシエダのスペイン人選手に関心

10/21(月) 16:18配信

SPORT.es

メキシコのアペルトゥーラ2019のレギュラーシーズンははまだ終わりを迎えていないにも関わらず、クラブ・アメリカは既に来シーズンのプランを既に立て始めており、『TUDN』の情報によると、中盤の獲得候補にスペイン人のルベン・パルドが挙がっているようだ。

「歳をとった...」32歳のメッシが綴った人間らしい一幕


同MFはほぼ全てのキャリアをレアル・ソシエダ(2016/17シーズンにはレアル・ベティスにローン移籍)で過ごしている。しかしながら、今シーズンはあまり先発で試合に出場することができておらず、2020年の夏に彼の契約は終了するため、新たな挑戦を探し出すことになるかもしれない。また、アスレティック・クラブも彼の獲得に強い関心を示していることが噂されている。


クラブ・アメリカは中盤でギド・ロドリゲスとコンビを組む2人のメキシコ人の獲得を目指しているが、会長の視点からも補強が検討されている。


レアル・ソシエダは勝ち点16を獲得し、スペインリーグで上位につけている。メキシコ屈指の強豪であるクラブ・アメリカの補強にも注目が集まる。

最終更新:10/21(月) 16:18
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ